ここから本文です。

生命のメッセージ展in京都

<生命(いのち)のメッセージ展とは>

殺人・悪質な交通事犯・いじめ・医療過誤・一気飲ませの結果、理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役のアート展です。

「命の重さ、尊さ」を訴え、犯罪のない社会を創造し、未来の命を守ることを目的としています。

1.日時

平成30年11月18日(日曜日) 午前10時30分から午後4時

2.場所

京都テルサ 東館大会議室

3.主催

京都府、京都市、京都府警察本部、特定非営利活動法人いのちのミュージアム、(公社)京都犯罪被害者支援センター、

京都府犯罪被害者支援連絡協議会

4.内容

  • メッセンジャーの展示
  • 講演(午前11時から午後0時)
    講師:岩嵜 悦子氏 
    題目:「元紀を思う...母の悲しみ」
  • 映画(午後1時から午後2時50分)
    題目:「0(ゼロ)からの風」 
  • 啓発活動
    ホンデリングの実施

生命のメッセージ展in京都チラシ(PDF:1,377KB)

5.今年度の様子

平成30年度の生命のメッセージ展in京都は、平成30年11月18日(日曜日)10時30分から16時までの間、京都テルサ東館3階大会議室において開催し、約520名の皆さまにご来場いただきました。

 

30年生命のメッセージ展

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民環境部安心・安全まちづくり推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4255

anshinmachi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?