ここから本文です。

みやこの逸品 京野菜 花菜

ヘルシークッキング 花菜

古くから伏見桃山の付近で切花用として栽培されていた寒咲きなたねのつぼみを約40年前に食用にしたのが始まりで、「花菜」の名のとおり花の咲きみだれる春を予感させる野菜です。菜の花漬にしたり、色よくゆでて広く利用していただけます。

花菜の風味にピリッと刺激 花菜のからし和え

花菜の風味に、ピリッとからしが効いてほどよい刺激の一品になりました。花菜はあまりゆですぎないのがコツです。

材料(4人分)

花菜 150グラム
A
・だし汁 1カップ
・薄口醤油 大さじ2
・うま味調味料 少々
・からし 小さじ1/2
・酢 小さじ1/3

〔作り方〕

  1. 花菜は塩を多めに加えたたっぷりの湯でゆで、水にさらした後しぼる。
  2. Aを合わせたものに、1の花菜を入れて和える。

鮮やかな緑、白いソース。春のハーモニー 花菜と貝柱のサラダ

花菜のあざやかな緑に白いソースが美しい一皿です。さわやかなレモンの風味とともに花菜と貝柱が奏でる春のハーモニーをお楽しみください。

材料(4人分)

花菜 150グラム
貝柱 12個
マヨネーズ 50cc
レモン汁 30cc
塩・胡椒 適量

〔作り方〕

  1. 花菜は塩を多めに加えたたっぷりの湯でゆで、水にさらし、しぼった後バターで炒める。
  2. 貝柱は塩・胡椒して両面を強火で焼く。残った汁はとっておく。
  3. 皿に花菜・貝柱を盛り、マヨネーズ・レモン汁・1の残り汁をよく混ぜ合わせたソースをかける。

お問い合わせ

農林水産部流通・ブランド戦略課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4968

ファックス:075-414-4974

ryutsu-brand@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?