トップページ > 文化・スポーツ・教育 > 文化・スポーツ > 日本博京都府域展開アート・プロジェクト「もうひとつの京都」

ここから本文です。

日本博京都府域展開アート・プロジェクト「もうひとつの京都」

京都府では、地域の文化に触れる新たな機会を創出し、観光誘客の促進、地域経済の活性化を図るため、日本博の一環として、地域の歴史や風土、生活文化等を題材としたアートプロジェクト「もうひとつの京都」を令和元年度から実施しています。

注※日本博とは
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とする「文化プログラム」の中核的事業として「日本人と自然」を総合テーマに、文化庁が中心となって、関係省庁、地方公共団体、民間団体等と連携しつつ、各地域が誇る様々な文化観光資源を年間通じて体系的に創成・展開する大型国家プロジェクトです。

注※ご来場の皆様へ(新型コロナウイルス感染拡大防止のために)

令和3年度の取組/京都府域展開アートフェスティバル「ALTERNATIVE KYOTO−もうひとつの京都−」

令和3年度は、京都府内各地で実施する地域文化と先端技術を組み合わせたデジタルアートによる空間演出や、アーティスト・イン・レジデンスを活用した現代アート作品展示等による取組をアートフェスティバルとして位置づけ、府域で一体的に開催します。

注※各イベントの詳細は、特設ウェブサイト(外部リンク)をご覧ください。

【事業概要】
催事名

京都府域展開アートフェスティバル「ALTERNATIVE KYOTO−もうひとつの京都−」
全体テーマ
想像力という<資本>
会期
令和3年9月24日(金曜日)から11月7日(日曜日)※一部先行開催あり
主催
京都府、「海の京都」天橋立地区協議会、京都:Re-Search実行委員会、京都文化力プロジェクト実行委員会、福知山イル未来と実行委員会

R3chirashi1R3chirashi2

※チラシのダウンロードはこちら(PDF:2,622KB)

アーティスト・イン・レジデンスを活用した現代アート作品展覧会

アーティストが一定期間、特定の地域に滞在し、地域交流等を行いながら創作活動を行うことで、地域で幅広い文化芸術に触れる機会を提供し、地域の活性化へ繋げるとともに、その地域の魅力をアートの視点から引き出すことを目指す取組です。

八幡市

  • 会期:令和3年10月1日(金曜日)から11月7日(日曜日)
  • 会場:石清水八幡宮(8時30分から16時30分)、松花堂庭園・美術館(9時から17時(16時30分最終受付)月曜日休館)
  • エリアタイトル:放生/往還
  • 参加アーティスト:石川竜一(いしかわりゅういち)、佐々木香輔(ささききょうすけ)、藤生恭平(ふじおきょうへい)、宮本一行(みやもとかずゆき)、島袋道浩(しまぶくみちひろ)

八幡ポスター

京丹後市

  • 会期:令和3年9月24日(金曜日)から11月7日(日曜日)
    ※金・土・日・祝のみ公開(11月4日(木曜日)は臨時公開)
  • 会場:網野町浅茂川地区周辺(元田重機業(株)織物工場、元油善鉄筋工場)及び三津漁港周辺(三津漁港冷蔵庫、三津漁港荷捌き場)10時から17時(16時30分最終受付)
  • エリアタイトル:風景泥棒3-LandscapeRippers3-
  • 参加アーティスト:SIDECORE(さいどこあ)、石毛健太(いしげけんた)、田中良佑(たなかりょうすけ)、鷲尾怜(わしおれい)、BIEN(びえん)、DAISAK(だいさく)、NTsKi(なつき)、川勝小遙(かわかつこはる)

京丹後ポスター

南丹市

  • 会期:令和3年10月1日(金曜日)から11月7日(日曜日)
    ※金・土・日・祝のみ公開(11月4日(木曜日)は臨時公開)
  • 会場:南丹市内(JR八木駅周辺)10時から17時(16時30分最終受付)
  • エリアタイトル:南譚:介在する因子
  • 参加アーティスト:荒木悠(あらきゆう)、亀川果野(かめがわかの)、黒木結(くろきゆい)、小山渉(こやまわたる)、山田春江(やまだはるえ)、羊喘兒(ようしんか)

南丹ポスター

与謝野町

  • 会期:令和3年9月24日(金曜日)から11月7日(日曜日)
    ※金・土・日・祝のみ公開(11月4日(木曜日)は臨時公開)
  • 会場:旧加悦町役場庁舎(10時から17時(16時30分最終受付))
  • エリアタイトル:シルクロード‒Boundaries‒
  • 参加アーティスト:ANOTHER FARM(あなざーふぁーむ)(尾崎ヒロミ及び串野真也によるアートユニット)

与謝野ポスター

デジタルアートを活用した夜間コンテンツの創出

地域の歴史や風土、生活文化等を題材とした光や映像、音によるデジタルアート作品の展示を核とする取組です。地域の文化財等を幻想的な世界に演出することで、普段とは異なる魅力を知る機会となるとともに、夜間における新たな観光コンテンツの創出を目指します。

福知山市

  • 会期:令和3年10月1日(金曜日)から11月7日(日曜日)
    ※金・土・日・祝のみ公開(11月4日(木曜日)は臨時公開)
  • 会場:福知山城公園・伯耆丸公園(18時から21時(20時30分最終受付))、旧銀鈴ビル(10時から17時(16時30分最終受付))
  • エリアタイトル:余の光‒Light of my World‒
  • 参加アーティス:三谷正(みたにただし)、山中suplex(やまなかすーぷれっくす)、ヒスロム

福知山ポスター

宮津市

  • 会期:令和3年9月24日(金曜日)から11月7日(日曜日)
    ※天橋立砂浜ライトアップは先行開催(天橋立公園内で7月10日(土曜日)から9月30日(木曜日)19時から22時30分)
    ※京都府における緊急事態措置のため、現在先行開催をしている天橋立砂浜ライトアップの開催時間を、8月20日(金曜日)から9月12日(日曜日)の間、19時から20時までに変更します。
  • 会場:元伊勢籠神社(18時から21時)、丹後国分寺跡(18時から21時)、天橋立公園内小天橋広場(16時30分から21時)
  • エリアタイトル:天(アマ)への架け橋
  • 参加アーティスト:平井真美子(ひらいまみこ)、長町志穂(ながまちしほ)、原摩利彦(はらまりひこ)、白木良(しらきりょう)、ヤノベケンジ、池田亮司(いけだりょうじ)

宮津ポスター

キックオフフォーラム「想像力という<資本>―来るべき社会とアートの役割―」

京都府域展開アートフェスティバル「もうひとつの京都」のキックオフとして、コロナ禍で変わりゆく社会におけるアートの役割を取り上げ、オードリー・タン氏(台湾ソーシャル・イノベーション担当デジタル大臣)等の基調講演や、科学、経済、人類学といった領域を超えた対話の場を開くパネルディスカッションから構成されるフォーラムを開催します。
なお、本フォーラムは新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前収録による動画配信形式で実施します。

  • 配信ウェブサイト

https://alternative-kyoto.jp/news/275/

  • フォーラム構成

基調講演1
テーマ:「テクノロジー」という形の民主主義–Democracy as a form of《technology》–
登壇者:Audrey Tang(オードリー・タン/台湾ソーシャル・イノベーション担当デジタル大臣)

基調講演2
テーマ:人は誰もがアーティストである–Everybody is an artist–
登壇者:Louweiwn Wijers(ラウリン・ウェイヤース/アーティスト、ライター)

パネルディスカッション
テーマ:来るべき社会とアートの役割
パネリスト:
岩崎秀雄(アーティスト、生命科学研究者)/占部まり(内科医、宇沢国際学館代表取締役)/奥野克巳(マルチスピーシーズ人類学)
モデレーター:四方幸子(キュレーター、批評家)

これまでの取組

令和2年度

天橋立砂浜ライトアップ(第1期)

天橋立の砂浜を音楽家・原摩利彦(はらまりひこ)氏と照明デザイナー・長町志穂(ながまちしほ)氏のコラボレーション「Light and Sound」で幻想的な世界に演出しました。

  • 開催日時:令和2年7月11日(土曜日)~9月30日(水曜日)19時~22時30分
  • 開催場所:天橋立公園内(宮津市文珠天橋立公園)

天橋立一帯での歴史や風土を活かしたメディアアート作品の展示(第2期)

国際的に活躍する2名のアーティストによる作品展示を元伊勢籠神社及び天橋立公園内小天橋広場で開催しました。

齋藤達也(さいとうたつや)「DoubleHorizon」

  • 開催日時:令和2年10月16日(金曜日)~11月23日(月曜日・祝日)18時~21時
    ※金土日祝のみ公開(11月2日(月曜日)は臨時公開
  • 開催場所:元伊勢籠神社(宮津市字大垣430)
  • 内容等
    天橋立の成り立ちを題材に、プロジェクションと霧の装置によって立体的に表現されたインスタレーション作品を元伊勢籠神社参道に展示しました。

池田亮司(いけだりょうじ)「data-verse1」

  • 開催日時:令和2年10月16日(金曜日)~11月3日(火曜日・祝日)18時30分~22時
    ※金土日祝のみ公開(11月2日(月曜日)は臨時公開)
  • 開催場所:天橋立公園内小天橋広場(宮津市文珠)
  • 内容等
    音や光の物理的特性、時間や空間といった人間の知覚をめぐる様々な条件を極限まで突き詰めることで、観る者を広大なデータの世界に引き込むオーディオビジュアル作品を天橋立公園内に展示しました。

丹後郷土資料館での日本博京都府域展開アート・プロジェクト連携事業の実施

アート・プロジェクトにあわせ、丹後郷土資料館・史跡丹後国分寺跡のライトアップや夜間開館を実施しました。また、開館50周年特別展「天橋立と丹後国分寺」の中で、雪舟筆の国宝「天橋立図」を期間限定展示しました。

デジタルアートによるスペシャル演出(第3期)

丹後国分寺跡を中心としたインスタレーション作品「JIKU♯009TANGO_KOKUBUNJI」

ライゾマティクス・アーキテクチャーの齋藤精一氏による地域の軸や視点・歴史の軸を光で表現するインスタレーション作品を公開しました。

  • 開催日時:令和2年11月20日(金曜日)~23日(月曜日・祝日)日没後~21時
  • 開催場所:丹後国分寺跡(宮津市国分)

成相寺紅葉ライトアップ

成相寺周辺の紅葉を照明デザイナー・長町志穂氏が率いるLEM DESIGN STUDIOが光で演出しました。

  • 開催時期:令和2年11月14日(土曜日)、15日(日曜日)17時20分~21時
  • 開催場所:成相寺(宮津市字成相寺339)

令和2年度の実施結果については特設ウェブサイトアーカイブページ(外部リンク)をご覧ください。

令和元年度

天橋立砂浜ライトアップ

天橋立の砂浜を音楽家・原摩利彦(はらまりひこ)氏と照明デザイナー・長町志穂(ながまちしほ)氏のコラボレーションによる音と光の演出で幻想的な世界に演出しました。

  • 開催日時:令和元年7月13日(土曜日)~9月30日(月曜日)19時~22時30分
  • 開催場所:天橋立公園内(宮津市文珠天橋立公園)

メディアアート・フェスティバル

国際的に活躍するメディア・アーティストによる作品展示及びライブパフォーマンスを、本宮御鎮座1,300年を迎える元伊勢籠神社を舞台に開催しました。

デジタルアートの作品展示

元伊勢籠神社参道に世界で活躍するメディア・アーティストのデジタルアート作品を展示しました。

  • 開催日時:令和元年9月13日(金曜日)~11月4日(月曜日・祝日)18時~21時(金曜日・土曜日・日曜日・祝日のみ公開)
  • 開催場所:元伊勢籠神社(宮津市字大垣430)
  • 展示アーティスト:梅田宏明(うめだひろあき)【ビジュアル・アーティスト/振付家/ダンサー】、NONOTAK(ノノタック)【メディアアートユニット】

ライブパフォーマンス「朧月夜Oborozukiyo」

元伊勢籠神社神門から参道を舞台にライブパフォーマンスを実施しました。

  • 開催日時:令和元年9月28日(土曜日)17時30分~20時(開場17時)
  • 開催場所:元伊勢籠神社(宮津市字大垣430)
  • 出演アーティスト:NONOTAK(ノノタック)【メディアアートユニット】、moshimoss(モシモス)【音楽家】

ライゾマティクス・アーキテクチャー齋藤精一氏による成相寺紅葉ライトアップに合わせたスペシャル演出「JIKU#003AMANOHASHIDATE」

紅葉に染まる成相寺のライトアップに合わせ、ライゾマティクス・アーキテクチャーの齋藤精一(さいとうせいいち)氏によるスペシャル演出を実施しました。

  • 開催日時:令和元年11月9日(土曜日)、10日(日曜日)17時20分~21時
  • 開催場所:天橋立・成相寺(宮津市)
  • 内容
    成相寺の紅葉ライトアップに合わせ、ライゾマティクス・アーキテクチャーのディレクターである齋藤精一氏の作品シリーズ「JIKU」によるスペシャル演出を実施。作品シリーズ「JIKU」は、場所に隠された軸を探るプロジェクトで、光や音でその場所の軸線を表現する作品。今回は、天橋立を舞台に、その両側に存在する成相寺と智恩寺を光で結び、天橋立の起源を表現しました。

令和元年度の実施結果については特設ウェブサイトアーカイブページ(外部リンク)をご覧ください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化芸術課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bungei@pref.kyoto.lg.jp