ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > アーティスト・イン・レジデンス事業 「京都:Re-Search」

ここから本文です。

アーティスト・イン・レジデンス事業 「京都:Re-Search」

 

京都:Re-Search実行委員会では、地域の人々が主体となって芸術文化活動に関わる環境づくりを促進するとともに、交流人口の拡大、地域の活性化に繋げる取組として、アーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search」、「大京都」を実施し、地域が本来持ち得ているポテンシャルやその魅力をアートの視点から引き出すことを試みています。

京都:Re-Searchとは

  • 短期のアーティスト・イン・レジデンス事業
  • 京都府内のみならず、ほかの地域で活動する若手のアーティストや工芸家、デザイナー、建築家など、クリエイティブな分野で活動している人がある地域に滞在しながら、各自が設定したテーマに沿って、地域の風土や歴史等の調査を行い、そこでの発見を活かした作品プラン等の構想を立て、次年度にそのプランの実現を目指す。
  • 同時に、活動全てを記録、データ化していき、アートの視点による地域の新しいドキュメントを作成。

大京都とは

  • 中期のアーティスト・イン・レジデンス事業
  • 京都:Re-Searchをもとに、地域の文化性や歴史性を深める制作発表を伴うプログラム。
  • アーティストによる新たな視点で地域のアートドキュメント(記録)を創作していく

令和元年度は、和束町において「京都:Re-Search」を実施し、亀岡市と京丹後市において「大京都」を実施します。

1京都:Re-Searchフォーラム「アートプロジェクトと観光地域づくり」

令和元年度京都:Re-Searchフォーラムの開催について

本年度は、アートによる地域資源活用について考えることを目的に、「アートプロジェクトと観光地域づくり」をテーマとしたフォーラムを開催します。

日時

令和2年1月11日(土曜日)13時30分から17時(開場13時)

場所

京都文化博物館別館(外部リンク)(京都市中京区三条高倉)

参加費

無料

定員

200名(申込不要・先着順)

タイムテーブル

第一部

13時30分

主催者あいさつ

日本博京都府域展開アートプロジェクト「もうひとつの京都」取組報告

13時50分

講演1.「アートイベントによる地域イメージ調査の評価手法」

講師:金光淳(京都産業大学現代社会学部教授)

講演2.「メディアと社会、オルタナティブなメディアとしてのアート」

講師:潤也(水戸芸術館現代美術センター学芸員)

第二部

15時30分

パネルディスカッション「アートイベントによる地域活性の接合」

パネリスト
SIDECORE(アーティスト)

【mé】(現代芸術活動チーム)

モデレーター:田島悠史(一般社団法人MRS専務理事)

 

チラシのダウンロードはこちら(PDF:3,773KB)

フォーラムチラシ表フォーラムチラシ裏

2大京都2019

大京都2019in京丹後の実施

昨年度実施した「京都:Re-Search 2018 in 京丹後」のリサーチをもとに、アーティストが今年8月から約2ヶ月間京丹後市内に滞在し、制作した作品を京丹後市内各所で公開し発表します。

大京都2019in京丹後チラシ1大京都2019in京丹後チラシ2

注※チラシ(PDF:4,642KB)

会期

令和元年10月11日(金曜日)から14日(月曜日・祝日)、18日(金曜日)から20日(日曜日)、25日(金曜日)から27日(日曜日)9時から17時
注※開催場所、時間等は、ウェブサイト(http://kyoto-research.com)等で随時発表します。
注※台風19号の影響により、12日(土曜日)の作品展示は中止いたします。

会場

吉村機業(株)旧織物工場(京丹後市峰山町)、桜山荘(京丹後市峰山町菅ほか

入場料

無料

制作者 注※プロフィール等の詳細はチラシ参照

【ゲストアーティスト】
SIDECORE(アーティスト)

【招聘アーティスト】
パスカルアンベール(ミュージシャン、作曲家)

【京都:Re-Search2018in京丹後参加アーティスト】5名
石毛健太(美術家、インディペンデント・キュレーター、DJ)
田中(アーティスト)
鷲尾(アーティスト)
高橋臨太郎(アーティスト)
前谷(アーティスト)

関連イベント

(1)アーティスト×キュレータートーク【台風19号の影響により、延期となりました。】
和多利浩一×SIDECORE×参加アーティストによるクロストーク
日時:【延期】10月12日(土曜日)15時~→10月18日(金曜日)18時~
場所:【京丹後市会場】桜山荘(京丹後市峰山町菅)【京都市会場】VOU/棒(京都市下京区筋屋町137)

(2)展示ツアー(展示会場を巡るガイドツアー)【開催の可否は当日の状況により判断いたします。】
日時:10月13日(日曜日)13時30分~、15時~
注※10月26日(土曜日)にも展示ツアーとクロージングパーティーを予定
注※申込方法や場所等はウェブサイト(http://kyoto-research.com)等で随時発表します。

問合せ先

京都:Re-Search実行委員会事務局

〒602-8570京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町京都府文化スポーツ部文化芸術課内

電話番号:075-414-4279

メール:bungei@pref.kyoto.lg.jp

3京都:Re-Search2019in和束の実施

アーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search2019in和束」のプログラム

京都府では、和束町においてアーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search」を8月26日(月曜日)から9月8日(日曜日)までの14日間、下記スケジュールで実施します。
アーティストや芸術祭キュレーターを講師として招き、若手アーティストをはじめ、芸術活動を志向する学生など6名が参加します。

(1)概要

若手アーティストが和束町内に滞在し、各自が設定したテーマに沿って、各地の風土や歴史等を調査し、そこでの発見を活かした作品プラン等の構想を立てる。併せて、その過程を事業ウェブサイト、SNSで発信する。

(2)プログラムスケジュール

注※9月7日(土曜日)、8日(日曜日)の講評会及び活動報告展の会場が、当初の予定から変更となりましたので、ご注意下さい。

日時

内容

会場

8月26日(月曜日)

15時00分~17時00分

ガイダンス及びゲストアーティストYukawa-Nakayasuとの交流会

和束スマートワークオフィス

8月27日(火曜日)

10時00分~16時00分

フィールドワーク
(アートプロジェクトや作品プランを組み立てていくためのヒントとなる和束町内の場所をゲストアーティストと実地調査)

和束町内

16時00分~18時00分

参加者のプレゼンテーションとゲストアーティストYukawa-Nakayasuからのアドバイス

湯船ヴィレッジハウス

8月28日(水曜日)

終日

各自リサーチ(計4日間)

和束町内

8月29日(木曜日)

8月30日(金曜日)

8月31日(土曜日)

9月1日(日曜日)

16時00分~18時00分

ワークショップ1
「地域とアートプロジェクト」
講師GongJow-Jiun(台湾ビエンナーレ2018キュレーター)

和束スマートワークオフィス

9月2日(月曜日)

14時00分~15時30分

中間報告会及びゲストアーティストYukawa-Nakayasuからのアドバイス

和束スマートワークオフィス

15時30分~17時00分

ワークショップ2
「折り返しディスカッション」
講師藤井光(アーティスト/映像作家)×ゲストアーティストYukawa-Nakayasu

9月3日(火曜日)

終日

各自リサーチ(計4日間)

和束町内

9月4日(水曜日)

9月5日(木曜日)

9月6日(金曜日)

9月7日(土曜日)

13時00分~17時00分

講評会(14時~)及び活動報告展

和束スマートワークオフィス

9月8日(日曜日)

10時00分~17時00分

参加者の活動報告展

和束スマートワークオフィス

注※湯船ヴィレッジハウス:相楽郡和束町大字湯船小字岩倉239
注※和束スマートワークオフィス:相楽郡和束町中平田23-1

(3)ゲストアーティスト及び講師

 

Yukawa-Nakayasu(アーティスト)

1981年大阪生まれ。大阪を拠点に国内外で歴史や習俗や習慣をもとに、社会や身体、日常に内在している営為を視覚化する作品を制作発表を続けている。2018年にThe12thArteLagunaPrize大賞受賞(Arsenale,ヴェネツィア)、2017年に『JapaneseConnections』(NikolajKunsthal,コペンハーゲン)など。近年では、2019年『間合いの良さ』(大阪府立江之子島文化芸術創造センター,大阪)、2020年『ポストLCC時代のサイトスペシフィックアート(仮称)』(京都芸術センター,京都)とキュレーションを手がける。また2019年7月からアートハブTRA-TRAVEL(北加賀屋,大阪)をアーティストQenjiYoshidaと共に立ち上げ活動する。

 

GongJow-Jiun(台湾ビエンナーレ2018キュレーター)

1966年台湾生まれ。国立台南芸術大学視覚芸術学院准教授。2009年より、季刊美術誌「ArtCritiqueinTaiwan(ACT)」の編集長に就任。2011年には全国出版大賞優秀賞を受賞。2013年よりキュレーション活動を開始し、台北のEsliteGalleryにて『AreWeWorkingTooMuch?』を企画。2014年に台北鳳甲美術館で開催された第4回台湾国際映像芸術展では、高森信男と共同でキュレーションした『TheReturnofGhosts』を発表。2017年には『近未来的交陪』(蕭壠文化園区,台南)の主任キュレーターを務め、台新芸術賞を受賞。2018年には『台湾ビエンナーレ2018WildRhizome』(国立台湾美術館, 台中)のゲストキュレーターを務めた。

 

藤井(アーティスト/映像作家)

1976年東京都生まれ。芸術は社会と歴史と密接に関わりを持って生成されるという考え方のもと、様々な国や地域固有の文化や歴史を、綿密なリサーチやフィールドワークを通じて検証し、同時代の社会課題に応答する作品を、主に映像インスタレーションとして制作している。近年では、『爆撃の記録』(東京都現代美術館「MOTアニュアル2016キセイノセイキ」展)、『南蛮絵図』(国立国際美術館「「トラベラーまだ見ぬ地を踏むために」展)、『第一の事実』(森美術館「カタストロフと美術のちから」展)、日産アートアワード2017でグランプリとなった『日本人を演じる』など。

 

(4)問合せ先

京都:Re-Search実行委員会事務局

〒602-8570京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町京都府文化スポーツ部文化芸術課内

電話番号:075-414-4279

メール:bungei@pref.kyoto.lg.jp

 

4京都:Re-Searchの実施(過去分)

平成28年度は舞鶴市、平成29年度は福知山市及び京田辺市、平成30年度は亀岡市及び京丹後市において「京都:Re-Search」を実施しました。

レポートについて
「京都:Re-Search2016in舞鶴」(外部リンク)「京都:Re-Search2017in福知山」(外部リンク)「京都:Re-Search2017in京田辺」(外部リンク)「京都:Re-Search2018in亀岡」(外部リンク)「京都:Re-Search2018in京丹後」(外部リンク)

プログラムのダウンロード→「京都:Re-Search2016in舞鶴」(外部リンク)「京都:Re-Search2017in福知山」(PDF:1,505KB)「京都:Re-Search2017in京田辺」(PDF:1,488KB)「京都:Re-Search2018in京丹後」(PDF:2,724KB)「京都:Re-Search2018in亀岡」(PDF:747KB)

5大京都の実施(過去分)

平成29年度は舞鶴市、平成30年度は福知山市及び京田辺市において「大京都」を実施しました。
詳細は京都:Re-Searchのウェブサイト(外部リンク)をご覧ください。

プログラムのダウンロード→「大京都2017in舞鶴」(PDF:3,368KB)「大京都2018in京田辺」(PDF:2,054KB)「大京都2018in福知山」(PDF:2,927KB)

6京都:Re-Searchフォーラムの開催(過去分)

京都:Re-Searchフォーラム2016「ひとと地域とアーティスト~アーティスト・イン・レジデンスの位置づけ~」(平成28年度)

レポートはこちらから→「京都:Re-Searchフォーラム2016」(京都:Re-Searchのホームページへ)(外部リンク)

本フォーラムでは、「京都:Re-Searchin舞鶴2016」の取組報告をするとともに、地域でレジデンス事業があること(アーティストがいることのよさ)の意義とアートを地域活性化に結びつける環境整備(創作活動の拠点、地域の既存事業や活動との連携、地元人材の積極的な活用とつなぎ)やコーディネートなどの方法論、そして地域の側としての活用等の事例紹介等を国内の有識者・専門家・制作者をパネリストに迎え、日本の現状及び現代におけるアーティスト・イン・レジデンスの有益な活用について議論しました。

京都:Re-Search×福島:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトフォーラム「地域“に”向き合う、地域“と”向き合う~アーティスト・イン・レジデンスから、未来に向けた対話~」(平成29年度)

レポートはこちらから→「京都:Re-Search×福島:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトフォーラム」(京都:Re-Searchのホームページへ)(外部リンク)

画像:ちらし表画像:ちらし裏

本フォーラムでは、「京都:Re-Search」と東日本大震災後、福島県立博物館が中心となって行っているアートプロジェクト「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト」との共同開催により、それぞれの活動を通したアートが社会に与える可能性について議論を深めました。

京都:Re-Searchフォーラム「地域と向き合う~アーティストのリサーチ~」(平成30年度)

レポートはこちらから→京都:Re-Searchフォーラム「地域と向き合う~アーティストのリサーチ~」(京都:Re-Searchのホームページへ)(外部リンク)

本フォーラムでは、アーティストのリサーチについて、また、その成果物としての作品やそのプロセスは地域に何をもたらすのかをテーマに、今日におけるアート、アーティストからの地域のリサーチ(=思考)による作品制作の特徴や意義について議論を深めました。

用語解説

アーティスト・イン・レジデンスとは

  • 芸術制作を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながら作品制作を行う事業のこと
  • (日本国内では)アーティストの育成や支援だけでなく、空き家・商店街の空店舗を活用した地域振興や人の交流による地域活性化の役割も求められている。

Re-Search(リ・サーチ)とは

  • searchもresearchも調査研究の意味だが、ここではre(再び)を強調することで、「再発見」への思いを込めている

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化芸術課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bungei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?