ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 京都文化博物館 「京の夏の夜」延長開館等の実施について

ここから本文です。

京都文化博物館 「京の夏の夜」延長開館等の実施について

報道発表日:平成29年6月21日

文化スポーツ部文化芸術振興課
075-414-4222

 京都文化博物館では、京都の夏の二大イベントである祇園祭、五山送り火に合わせて夜間の開館時間を延長します。
 さらに、祇園祭コンサートや特別展ナイトミュージアムなど文化の香り高い多彩な催しを実施しますので、この機会にぜひご来館ください。

 

1 総合展の開館延長

開館時間

 午前10時から午後8時まで (通常 午前10時から午後7時30分まで)

実施日

 7月13日(木曜日)、14日(金曜日)、15日(土曜日)、16日(日曜日) 祇園祭前祭
 7月17日(月曜日・祝日)  祇園祭前祭巡行日
 7月24日(月曜日)      祇園祭後祭巡行日、還幸祭
 8月16日(水曜日)      五山送り火

入場料

 一般 500円(400円)、大学生 400円(320円)、高校生以下無料
 ※( )は20名以上の団体料金

会場

 京都文化博物館(外部リンク) 2・3階総合展示室
 (京都市中京区三条高倉 電話:075-222-0888)

展示内容

 「京都の画家と考古学」
 
日本考古学の父・濱田耕作と、画業を通じて親交を深めた洋画家の太田喜二郎。彼らから近代の「アートと考古学」の世界を探ります。
 
 祇園祭-山鉾巡行の歴史と文化-
 祇園祭の山鉾巡行の歴史や文化について紹介します。7月は祇園祭の祭り月です。にぎわう祭りの雰囲気の中で、長い京都の歴史と共に歩んできた祇園祭の奥深さに触れてみて下さい。
 
 近代京都へのまなざし-写真にみる都の姿-
 近代以降の京都が写真によってどのように写されたかを検証する試みです。黒川翠山 石井らの写真家が残したガラス乾板や紙焼き、着彩絵葉書などをはじめ、市井の人々が残した興味深い写真も集め、近代以降の京都の姿を伝えます。
 

2 祇園祭コンサート

実施日時及び出演者

 7月15日(土曜日)午後2時から午後8時30分まで
 同志社女子大音楽部コンサート、生田流宮城社麗調会による筝曲の夕べ
 
 7月16日(日曜日)午後1時から午後8時30分まで
 7月17日(月曜日・祝日)午後1時から午後6時まで
 学校吹奏楽部(京都市立御池中学、桃山中学、京都府立京都すばる高校、私立京都廣学館高校)、ハワイアン、ジャズのグループなど

入場料

 無料

会場

 京都文化博物館 別館ホール

 

3 特別ナイトミュージアム「世界最高の写真家集団マグナム・フォト創立70周年 パリ・マグナム写真展

実施日時

 7月29日(土曜日)午後6時15分から午後8時30分まで

内容

 特別展の閉室後、定員限定でゆっくり鑑賞していただきます。展示会場を独占し鑑賞するという特別感満載のイベントです。
 ※入場券は電子チケットのみ取り扱い
 ※詳細につきましては、7月初旬以降、京都文化博物館HP(外部リンク)にて公開します。 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化芸術振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4219

ファックス:075-414-4223

bungeishin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?