ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 京都府新鋭選抜展2018-Kyoto Art for Tomorrow-

ここから本文です。

京都府新鋭選抜展2018-Kyoto Art for Tomorrow-

報道発表日:平成30年1月15日

文化スポーツ部文化芸術振興課
電話:075-414-4221

京都府では、平成12年度から、将来性豊かな新進美術家の創作活動を紹介する選抜展を行っています。
今年度は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたムーブメントの中、美術表現で社会へとメッセージを発する、京都の若手美術家の斬新な作品をご紹介するとともに、京都で学び国際的に活躍する美術作家・塩田千春氏の創造性溢れる作品を特別展示します。

1.展覧会名

京都府新鋭選抜展2018-Kyoto Art for Tomorrow-

2.会期

平成30年1月20日(土曜日)から2月4日(日曜日)まで
*月曜日休館
*開室時間午後10時から午後6時。ただし金曜日は午後7時30分まで。(入室はそれぞれ閉室の30分前まで)
*別館は毎日午後7時30分まで。

3.会場

京都文化博物館(外部リンク)
3階展示室、別館ホール
(京都市中京区三条高倉 電話:075-222-0888)

4.入館料

一般:500円(400円)
大学生:400円(320円)
高校生以下無料
*別館は入場無料
*(  )内は20名以上の団体料金
*上記料金で、2階総合展示と3階フィルムシアターもご覧いただけます。

5.内容

京都を活動の拠点とする40歳以下の若手美術作家約40人の新作を展示。また、優秀な作品を顕彰する。

特別出品

塩田千晴(しおたちはる)

1972年大阪府生まれ。ベルリン在住。生と死という人間の根源的な問題に向き合い、「生きることとは何か」、「存在とは何か」を探求しつつ、その場所やものに宿る記憶といった不在の中の存在感を糸で紡ぐ大規模なインスタレーションを中心に、立体、写真、映像など多様な手法を用いた作品を制作。2015年、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表として選出される。主な個展に、KAAT神奈川芸術劇場(16年)、スミソニアン博物館アーサー・Mサックラーギャラリー(14年)、高知県立美術館(13年)、丸亀市猪熊弦一郎 現代美術館(12年)、国立国際美術館(08年)など。また、奥能登国際芸術祭(17年)、シドニービエンナーレ(16年)、釜山ビエンナーレ(14年)、瀬戸内国際芸術展(11年)などの国際展にも多数参加。2018年2月に、舞台美術を手がけた細川俊夫氏のオペラ『松風』が東京新国立劇場にて日本初演を迎える。

6.イベント

(1)塩田千春氏による新作『胡蝶の夢』の紹介

日時:1月20日(土曜日)午後1時から
会場:京都文化博物館別館ホール
*定員100名(当日午後5時より別館ホール会場入り口にて整理券を配布)
*無料(ただし、整理券配布の際、本展入場券または半券の提示が必要)


(2)出品作家によるギャラリートーク

日時:1月28日(日曜日)・2月3日(土曜日)両日とも午後1時から
会場:京都文化博物館3階展示室
*事前申込み不要。ただし、当日の入場者に限る。


詳細は京都文化博物館ホームページ、またはこちらをご覧ください。
京都府新鋭選抜展2018-Kyoto Art for Tomorrowチラシ(PDF:1,377KB)

7.主催

京都府、京都文化博物館

8.後援

京都新聞、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、読売新聞京都総局、産経新聞社京都総局、日本経済新聞社京都支社、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都、京都商工会議所、京都工芸美術作家協会、アンスティチュ・フランセ関西、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化芸術振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bungeishin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?