ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府の文化芸術情報 > 第35回京都工芸美術作家協会展の開催について

ここから本文です。

第35回京都工芸美術作家協会展の開催について

京都工芸美術作家協会と京都府の共催により、染織、陶芸、漆芸、金工、諸工芸の各分野にわたる京都の主な工芸美術作家の創造的な作品を広く紹介するため、下記のとおり展覧会を開催いたしますので、お知らせします。

会期・時間

平成26年3月4日(火曜)から9日(日曜)6日間
午前10時~午後6時

会場

京都府立文化芸術会館

入場料

無料

出品内容

染織、陶芸、漆芸、金工、諸工芸分野の協会会員の作品(約170点)

  1. 出品作品のうち、新進作家の意欲的な作品に次の各賞を授与
    ・京都府知事賞1点
    ・協会賞1点
    ・協会奨励賞5点以内
  2. 審査員
    ・柳原正樹(京都国立近代美術館長)
    ・尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)
    ・洲鎌佐智子(京都文化博物館学芸課主任学芸員)
    ・羽田登(京都工芸美術作家協会理事長)

作品解説

  1. 平成26年3月8日(土曜)午後2時~3時
    解説者(当会理事)染織:谷野吉冬 漆芸:望月重延 金工:小泉武寛
  2. 平成26年3月9日(日曜)午後2時~3時
    解説者(当会理事)陶芸:今井眞正 諸工芸:面屋庄甫、德力竜生

京都工芸美術作家協会とは

昭和21年(1946年)10月設立以来、部門や会派、また個人の主義主張を越えた作家団体として戦後の工芸美術界をリードし、現在では染織、陶磁、漆、金工、人形、ガラス、木竹、七宝等の各分野にわたり主要な京都の工芸美術作家約360名の会員を擁する。現代の工芸の美を追求する全国に誇り得る組織となっている。

主催

京都工芸美術作家協会、京都府

後援

京都新聞社、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、読売新聞京都総局、産経新聞社京都総局、日本経済新聞社京都支社、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都、京都商工会議所

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化芸術振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bungeishin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?