ここから本文です。

「日本遺産(Japan Heritage)」の認定について

京都府が丹後地域の2市2町(宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町)及び関係団体と協力して国に申請しておりました、『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』が、「日本遺産(Japan Heritage)」に4月28日に認定されましたので、お知らせします。

また、平成27年度に認定された『日本茶800年の歴史散歩』~京都・山城~(京都府が申請)の構成文化財として、宇治市・小倉地区の茶畑が、平成28年度に認定された『鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~』(舞鶴市 他構成市が申請)の構成文化財として、鎮守府のラッパ等が加えられましたので、併せてお知らせします。

「日本遺産」は、平成27年度から創設された制度で、全国で54件が認定されており、府内では、3件(山城地域12市町村、舞鶴市、丹後地域4市町)が認定されています。 

『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の概要

【ストーリーの概要】丹後ちりめん

京都府北部の丹後を訪れると、どこからか聞こえてくるガチャガチャという機織りの音。
丹後は古くから織物の里であり、江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」は、しなやかで染色性に優れ、友禅染などの着物の代表的な生地として、我が国の和装文化を支えてきた。
この地は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地であり、織物の営みが育んだ、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並みと、民謡宮津節で歌い継がれた天橋立などの象徴的な風景を巡れば、約300年に渡る織物の歴史と文化を体感できる。

【関係市町村】

宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町の2市2町

・ 今回の認定を契機に、2020年の「丹後ちりめん」創業300年に向けて海の京都DMOを中心に、                                          「丹後ちりめん」等の丹後地域の織物の歴史や文化を活用した観光誘客や織物産業の振興等を図る。ちりめん街道
・ 本年7月1日には、全ての日本遺産が勢揃いする「日本遺産サミット」をけいはんなオープンイノベー ションセンター(KICK)で開催予定


認定されたストーリー『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の詳細は、下記をご覧下さい。                       

 ・『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』のストーリー(PDF:555KB)

 ・『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の構成文化財の位置図(PDF:948KB)   

 ・『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の構成文化財の一覧(PDF:370KB)     

 ・『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の構成文化財の写真(PDF:3,705KB)        

 金刀比羅神社の狛猫  天橋立   丹後大仏

 

日本遺産(Japan Heritage)の概要

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定。ストーリーを語る上で欠かせない魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって、総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することで、地域の活性化を図ることを目的に、平成27年度に制度化日本遺産マーク

【認定件数(平成29年4月現在)】 

54件(申請件数:229件)(2020年までに約100件程度を認定)

【府内の認定状況】

 ・ 『日本茶800年の歴史散歩』~京都・山城~
   山城地域12市町村(平成27・28年度)
 ・ 『鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~ 』
   舞鶴市(呉市・横須賀市・佐世保市との共同申請)(平成28年度) 
 

『日本茶800年の歴史散歩』 ~京都・山城~ の概要

【ストーリーの概要】お茶
 京都・山城は、「抹茶」「煎茶」「玉露」を生み出し、「茶の湯」をはじめとする日本の喫茶文化を支え、リードしてきた。また、現在も残る茶畑・茶問屋街・茶工場・茶ゆかりの寺社などから、その文化を目にし、辿ることのできる唯一の地であり、まさに「日本茶のふるさと」である。

【関係市町村】
  宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、
精華町、南山城村 (※「お茶の京都」12市町村すべてを対象エリアに包含)

【今回追加認定の構成文化財】
 宇治市 小倉地区の茶畑
  ・ 玉露発祥ともいわれる地域にあって製茶工場を併設した茶農家に隣接する伝統的な本簀(ほんず)による覆下(おおいした)茶園
  ・ 棚の骨組みを丸太と竹で組み、その上を葭簀(よしず)で覆う等、そのほとんどが天然素材で伝統的な技法を伝える唯一の茶園

         小倉茶園1                小倉茶園2

 『日本茶800年の歴史散歩』 ~京都・山城~ のストーリーの詳細は、下記をご覧下さい。

日本遺産第1号『日本茶800年の歴史散歩』 ~京都・山城~ 

  

『鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴』~日本近代化の躍動を体感できるまち~

 【ストーリーの骨子】舞鶴

明治期の日本は、近代国家として海防力を備える必要があったため、国家プロジェクトにより天然の良港4か所(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)に軍港を築き、鎮守府を置いた。
静かな農漁村に人と先端技術が集まり、独自の都市形成の歩みの中で軍港都市が誕生し、日本の近代技術が育まれた。
日本の近代化を推し進めた四市には、海軍由来の食文化もまちに浸透し、多種多様な数多くの近代化遺産とともに、躍動した往時の姿を体感できる。

【今回追加認定の構成文化財】
 ・ 「鎮守府のラッパ」
 ・ 「海軍割烹術参考書」(「海軍厨業管理教科書」を追加)                            海軍割烹術参考書
 ・ 舞鶴赤れんがパーク等(「揮発油庫」を追加)                                         
 ・ 海軍防備隊・警備隊砲台群
 ・ 共楽公園(海軍墓地)
 ・ 舞鶴鎮守府関連記念碑群
 ・ 舞鶴鎮守府周辺寺社群

(舞鶴市の日本遺産の問い合わせ先)                     
 舞鶴市 市民文化環境部 地域づくり・文化スポーツ室
 文化振興課(電話:0773-66-1019)   

『鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴』~日本近代化の躍動を体感できるまち~ のストーリーの詳細は、下記をご覧下さい。

『鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴』~日本近代化の躍動を体感できるまち (外部リンク) 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化スポーツ総務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4181

ファックス:075-414-4187

bunspo@pref.kyoto.lg.jp

企画理事(地域構想推進担当)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4529

ファックス:075-414-4389

kikakuriji-seisaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?