ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > アーティスト・イン・レジデンス事業「大京都 2017 in 舞鶴」の制作公開発表

ここから本文です。

アーティスト・イン・レジデンス事業「大京都 2017 in 舞鶴」の制作公開発表

報道発表日:平成29年10月6日

京都:Re-Search実行委員会
(京都府文化スポーツ部文化交流事業課)
075-414-4282

 

  京都府では、アーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search」に平成28年度から取り組んでいます。

 今年度は「京都:Re-Search 2016 in 舞鶴」のリサーチをもとに、地域の新しいドキュメント(=記録)を作成する「大京都 2017 in 舞鶴」を9月から実施中です。

 この度、約1ヶ月の滞在制作と、そのプロセスを舞鶴市内各所で公開し発表します。

 会場マップ、プログラムのダウンロードはこちらから → 「大京都 2017 in 舞鶴 マップ(PDF:3,368KB)

■ 大京都 2017 in 舞鶴

1 概要 

 「京都:Re-Search 2016 in 舞鶴」の参加アーティストから2名を選抜し、新たに3組のアーティストとキュレーター(現代美術と社会の橋渡しをする存在)を招聘し、約1ヶ月間におよぶ滞在制作と、そのプロセスを舞鶴市内各所で公開し発表。
 アーティストとキュレーターの掛け合わせにより、「場所」に着目するとともに、地域の持つポテンシャル・魅力をアートの視点から引き出し、地域の新しいドキュメントを作成するもの。 

2 会期

  平成29年10月7日(土曜日)~11月5日(日曜日)のうち金曜日・土曜日・日曜日・祝日の10時から17時のみ開場
  ※会場によりスケジュールが異なります、詳細は大京都 2017 in 舞鶴(ウェブサイト)または大京都 2017 in 舞鶴(マップ)をご覧ください。

3 会場

  西市民プラザ(舞鶴市円満寺158-6) / 大波上集会所(舞鶴市大波上189-2

  聚幸菴1階大広間(舞鶴市浜18)  / 旧山内家(舞鶴市行永1792)       ほか

4 入場料

  無料

5 制作者 

 【京都:Re-Search 2016 in 舞鶴 参加アーティスト】 2名

  井上 裕加里                × 原 久子 (アートプロデューサー) 

  臼田 那智                 × 久子

 【アーティスト×キュレーター】 3組

  SHIMURAbros                   × 服部 浩之 西田 雅希

  高川 和也                 × 堀内 奈穂子

  石神 夏希                 × 吉田 雄一郎

 

~京都:Re-Searchとは~ 

 ・全国から公募した若手アーティストが地域に滞在し、各自が設定したテーマに沿って、各地の風土や歴史等を調査し、そこでの発見を活かした作品プラン等の構想を立てる。併せて、その過程をデータ化し事業ウェブサイト(外部リンク)フェイスブック(外部リンク)で発信する14日間のプログラム
・平成28年度は舞鶴市(7名)で、平成29年度は福知山市(6名)と京田辺市(7名)で8月21日から9月3日まで実施中

~大京都とは~

 ・短期のリサーチレジデンス(京都:Re-Search)をもとに、地域の場所性や歴史性を深める制作発表を伴う中期のアーティスト・イン・レジデンス事業

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化交流事業課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4279

ファックス:075-414-4223

bunkakoryu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?