ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 文化政策課の業務について > 京都生涯学習推進ネットワーク 規約

ここから本文です。

京都生涯学習推進ネットワーク 規約

京都生涯学習推進ネットワーク規約

  • 第1条 (名称)
  • 第2条 (目的)
  • 第3条 (事業)
  • 第4条 (会員)
  • 第5条 (役員)
  • 第6条 (役員の任期)
  • 第7条 (機関)
  • 第8条 (全体会)
  • 第9条 (推進委員会)
  • 第10条 (プロジェクト会議)
  • 第11条 (会計年度)
  • 第12条 (庶務)
  • 第13条 (補則)

(名称)

第1条 本会は、京都生涯学習推進ネットワーク(以下「推進ネットワーク」という。)と称する。

(目的)

第2条 推進ネットワークは、府民が生涯を通じて主体的かつ積極的に学習活動に取り組めるよう、府内の地方公共団体、高等教育機関等の生涯学習関係団体が広域的なネットワークを構築し、もって生涯学習の総合的な推進を図ることを目的とする。

(事業)

第3条 前条の目的を達成するため、推進ネットワークは次の事業を行う。

(1)生涯学習に関する情報収集、情報提供
(2)学習プログラムの研究・開発及びモデル事例の提供
(3)関係機関・団体等との連携促進、ネットワークの構築
(4)学習成果の評価システムの構築
(5)高度化事業の推進
(6)その他、推進ネットワークの目的を達成するために必要な事業

(会員)

第4条 推進ネットワークは、第2条の目的に賛同する団体で構成する。

(役員)

第5条 推進ネットワークに次の役員を置く。推進委員20名以内
2 前項の役員は、全体会で互選により選任する。
3 推進委員の互選により、会長1名、副会長若干名、監事若干名を選任する。
4 会長は、推進ネットワークを代表し、会務を統括する。
5 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
6 監事は、推進ネットワークの事業及び財務について監査する。
7 推進委員に会員以外の学識経験者等を委嘱することができる。

(役員の任期)

第6条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。

(機関)

第7条 推進ネットワークに、全体会及び推進委員会を置く。

(全体会)

第8条 全体会は、推進ネットワークに参画する全ての会員で構成し、会長が招集する。
2 会員は、全体会において推進ネットワークの事業について意見を述べ、提案することができる。

(推進委員会)

第9条 推進委員会は、推進委員で構成し、推進委員長が招集して、次の各号に掲げる事項を協議する。
(1)第3条に掲げる事業の円滑な実施を図るための協議に関すること。
(2)事業計画・事業報告に関すること。
(3)規約の改廃に関すること。
(4)その他推進委員会において必要と認めること。
2 推進委員会の委員長及び副委員長には会長及び副会長の職にある者をもって充てる。

(プロジェクト会議)

第10条 推進委員会における協議事項のうち、専門的事項について検討する必要があるときは、推進委員会にプロジェクト会議を置くことができる。
2 プロジェクト会議に属するメンバーは、推進委員の中から推進委員長が指名する者及び必要に応じて会員の中から推進委員長が適当と認める者をもって構成する。
3 プロジェクト会議は、必要と認めるときは、メンバー以外の者の出席を求め、その意見を聴取することができる。

(会計年度)

第11条 推進ネットワークの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。

(庶務)

第12条 推進ネットワークの庶務は、京都府教育庁指導部社会教育課の協力を得て京都府文化環境部文化政策課において処理する。

(補則)

第13条 この規約に定めるものの外、推進ネットワークの運営について必要な事項は、会長が定める。

附則

この規約は、平成14年11月25日から施行する。

この規約は、平成20年4月1日から施行する。

この規約は、平成24年4月1日から施行する。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4217

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?