ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 茶業研究所(宇治茶部) > 点滴施肥 環境にやさしい茶園施肥法

ここから本文です。

点滴施肥 環境にやさしい茶園施肥法

 茶園の点滴施肥とは、茶樹の株元に点滴かん水チューブを設置して液肥を施用する方法です。肥料成分が素早く根に到達するので、窒素施肥量を慣行施肥法から4割減らしても、収量・品質を維持でき、茶園から溶脱する硝酸態窒素の量を減らすことが出来ます。

  点滴施肥茶園    点滴チューブの位置   

 

1 収量・品質の向上

 点滴施肥を行うと、慣行施肥と比べてアンモニア態窒素の持続性が高くなり、好アンモニア性植物である茶樹が、効率よくアンモニア態窒素を吸収することが出来ます。
 また、夏場の干ばつ時期に点滴施肥を行うと、適度な土壌水分を維持することができます。
 比較試験を行った結果、慣行施肥と比べて茶樹の生育が促進され収量が約2割増えるとともに、品質も向上しました。

 

秋の生育比較

左が慣行施肥区、右が点滴施肥区の生育状況

点滴施肥は慣行に比べて窒素量4割削減

 

 

収量・品質の比較

 

2 環境負担低減効果の向上

 点滴施肥を行うと施用した窒素成分が速やかに土壌中に浸透し、硝酸化成菌の影響を受けにくいため、慣行施肥と比べて、アンモニア態窒素が硝酸態窒素に変化しにくくなります。
 さらに、うね間マルチで雨水の浸入を防ぐことによって、窒素成分が雨水とともに茶園外へ溶脱する量が減少します。
 比較試験を行った結果、茶園から溶脱する硝酸態窒素量は、慣行施肥の約7分の1に減少しました。

茶園から溶脱した硝酸態窒素量の比較

 

お問い合わせ

農林水産部京都府農林水産技術センター 茶業研究所

宇治市白川中ノ薗1

電話番号:0774-22-5577

ファックス:0774-22-5877

ngc-chaken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?