ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 京都府の自死・自殺総合対策 > 【中止】3月1日(日曜日)京都いのちの日シンポジウム

ここから本文です。

【中止】3月1日(日曜日)京都いのちの日シンポジウム

  • 「京都いのちの日シンポジウム」につきましては、国内における新型コロナウイルスをめぐる現在の状況を踏まえ、感染拡大防止の観点から、開催を中止することといたしました。
  • 参加を予定されていた皆様には大変御迷惑をおかけいたしますが、お詫び申し上げますとともに、何卒御理解を賜りますようお願い申し上げます。

チラシ

日時・会場

令和2年3月1日(日曜日)13時30分から16時まで(開場13時)
京都市男女共同参画センターウィングス京都 イベントホール(外部リンク)

基調講演「ビジネスマンが家族を守るとき」

 佐々木 常夫 氏 株式会社佐々木常夫マーケティング・リサーチ代表(外部リンク)

 佐々木常夫氏秋田市生まれ。1969年東京大学経済学部卒業後,東レ株式会社に入社。家庭では自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻を抱えながら会社の仕事でも大きな成果を出し,2001年東レ取締役,2003年に東レ経営研究所社長に就任。
内閣府の男女共同参画会議議員,大阪大学客員教授などの公職も歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在である。
著書(外部リンク)に『ビジネスマンが家族を守るとき』(外部リンク),『部下を定時に帰す仕事術』(外部リンク),『そうか、君は課長になったのか。』(外部リンク),『働く君に贈る25の言葉』(外部リンク)など多数。2011年ビジネス書最優秀著者賞を受賞。

 

パネルディスカッション 「皆さんに知ってほしいいのちのハナシ」

パネリスト

佐々木 常夫 氏
石倉 紘子 氏 (こころのカフェきょうと代表)
大学コンソーシアム京都「いのちのリレー講座」の受講大学生

コーディネーター

河瀬 雅紀 氏 (京都ノートルダム女子大学現代人間学部教授)

定員

240名(要申込・申込順)

参加料

無料

申込(同伴者は2名までお申込いただけます。)

申込先

京都府府民総合案内・相談センター

申込方法

FAX 075-411-5001
メール 411-5000@pref.kyoto.lg.jp
電話 075-411-5000

(注)FAX又はメールの場合は、件名を「京都いのちの日シンポジウム」とし、申込代表者の氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号・同伴者氏名(ふりがな)を記載してください。

申込期限

令和2年2月25日(火曜日)午後5時

  • 定員に達し次第、締切とし、参加不可能な場合は御連絡差し上げます。

その他

参加受付け後入場券を申込代表者の住所に送付いたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

chiikifukushi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?