ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 学生×地域つながる未来プロジェクト

ここから本文です。

学生×地域つながる未来プロジェクト

 

学生×地域チラシ

学生と地域をつなぐ

 府内各大学から集まった学生で学生チームを形成し、地域課題の解決に取り組む団体の活動に参加し、学生目線で団体の魅力を取材・発信する事業です。

 自分自身が身をもって体験したこと、感じたことを記事にして、あなたの言葉で発信してみませんか。
 あなたのできることが地域活動団体のちからになります!

 参加を希望する学生の皆さんは、参加申込フォームからお申し込みください。

 TwitterアカウントTwitterもご覧ください!(外部リンク)

 

こんな皆さんにオススメ!

  • 普段体験できないような新しい体験をしたい!
  • 自分自身の視野をひろげ、将来のキャリア形成をしたい!
  • 読む人を引き付ける文章の作り方を知りたい!
  • 魅力的な写真の撮り方を知りたい!
  • コミュニケーションやプロモーションをスキルアップしたい!
  • 普段関わったことのない他大学の学生や地域の人と交流したい!
  • TwitterやInstagramなどSNSで情報発信したい!
  • 自分ができることを活かして地域貢献したい!
  • 京都の魅力に触れたい!京都のことをもっと知りたい!

など…

参加申込<申込期限:1月22日(水曜日)〆>

以下、参加申込フォームからお申込みください。

注※参加申込にあたっての活動条件などは「つながる未来プロジェクトの内容」をご覧ください。
注※「事前説明会」への参加をご希望の方は、同申込フォームから1月13日(月曜日)までにお申し込みください。(当日参加も可)

つながる未来プロジェクトのTwitter・チラシ

最新情報や現在の活動状況は以下リンク先からご覧ください。

参考(「つながる未来プロジェクト」チラシ)

つながる未来プロジェクトの内容

活動の流れ

事前説明会(注※1)→参加申込→セミナー受講(注※2)→地域活動参加、取材・発信→認定書授与

対象
  • 京都府内に在住、もしくは府内の大学に通う大学生(学年は問いません)
  • 令和2年2月~3月までの期間で、合計20~30時間程度活動が可能な大学生
定員 21名
参加費 無料(ただし、交通費や食費等は実費負担となります)
参加申込 参加申込フォームから必要事項を記入の上、お申込みください。
問い合わせ先 政策企画部 企画参事(中部担当・府民協働担当)付まで電話・メール等でお問い合せください。
その他
  • 地域活動参加、取材・発信は、府内大学から集まった学生3名程度でチームを形成し実施します。
  • 活動先の団体は「受入団体一覧」をご参照ください。(第1希望から第3希望まで選択可)
  • 参加者が多い場合は活動先の団体を別途調整させていただきます。

注※1 事前説明会は本事業への参加の有無を問わず、どなたでもご参加いただけます。(別途参加申込あり、当日参加可)
注※2 セミナーは本事業へ参加申込された方が受講対象となります。

事前説明会 注※当日参加も可!

地域活動参加のコツをわかりやすくお伝えします。
受入先の地域活動団体からの活動紹介もありますので、参加を決めた皆さんも、参加を迷っている皆さんもぜひお越しください!

  • 日時:令和2年1月17日(金曜日)18時~20時
  • 場所:京都経済センター4階 会議室4-A
  • プログラム:
    1.地域活動参加のコツ
    2.地域活動団体の活動紹介
  • 参加申込:1月13日(月曜日)までに参加申込フォームからお申込みください。
  • ゲスト:赤澤 清孝 氏(特定非営利活動法人ユースビジョン代表/大谷大学准教授)

赤澤先生写真1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに翌年、学生有志で、きょうと学生ボランティアセンター(現・ユースビジョン)を設立。学生のボランティア活動支援や団体のマネジメント支援に取り組む。2014年から大谷大学で、地域と連携したアクティブ・ラーニングスタイルでの教育プログラムを企画、実施。

注※当日参加も可ですが、席に限りがありますので、なるべく事前申込ください。

セミナー

読む人を引き付ける文章の作り方や魅力的な写真の撮り方をわかりやすくお伝えします。
自分の伝えたいことを文章や写真で伝えられるようになりませんか。

  • 日時:2月13日(木曜日)18時~20時30分
  • 場所:京都経済センター4階 会議室4-A
  • プログラム:
    1.インスタ映えする写真の撮り方
    2.SNSの活用法
    3.読む人を引きつける文章の書き方
  • ゲスト(2名):
    高橋 奈々 氏(フォトグラファー、ライター)

高橋氏写真1995年、愛媛県松山市出身、京都在住。ライター、フォトグラファー、SNS運用、企画など。株式会社Lovegraph、株式会社BAKE、6curry(株式会社NEWPEACE)を経て、京都へ。京都・西陣での取材、発信も行っている。
Twitter(外部リンク) ・ Instagram(外部リンク)

鳥居 聡 氏(株式会社スターナビゲーション・アソシエイツ代表取締役)

じゃらん編集長、おとなのいい旅編集長、ゼクシィ編集長、滋賀県観光推進審議委員、沖縄県観光物産審議委員、国土交通省国際観光ホテルみなおし検討委員、長岡京市シティプロモーションアドバイザー、海の京都DMO広報企画プロデューサーなどを歴任し、平成25年からは京都府の広報センター・マーケティングプロデューサーに着任。

注※本セミナーへの参加は「つながる未来プロジェクト」に参加申込された方が対象です。

受入団体一覧

山城就労支援事業所「さんさん山城」(京田辺市)

さんさん山城活動の様子農福連携、コミュニティカフェ、6次産業化、地域特産品の維持継承、地域活性化

ホームページ(外部リンク)

宇治抹茶、京都えびいもなど地域特産にこだわった農業を行い、それらを使った加工品製造、コミュニティカフェの運営など6次産業化に取り組んでいます。きょうと農福連携センター南サテライトにも指定されています。

青谷梅工房(城陽市)

青谷梅工房青谷梅林での梅の栽培、梅製品の作成・販売、新商品の開発、地域の方々が参加するイベントの企画・運営

ホームページ(外部リンク) ・ Facebookページ(外部リンク)

高齢化のため放置された梅林の世話を請けおい、梅の栽培作業や、梅の活用を促進するため、梅干し、梅ジャムなどの販売、梅商品の開発をしています。また、毎月の歌声サロン、梅酒バー、クニちゃんカフェなど、地域の人が集まる行事も開催しています。

NPO法人happiness(京都市)

ハピネス活動の様子子ども食堂、高齢者の居場所づくり、チャレンジ就労体験の受け入れ、子ども食堂のノウハウ発信、里親サロン

ホームページ(外部リンク) ・  Facebookページ(外部リンク) ・ Instagram(外部リンク)

子どもが健やかに育つ地域づくりを軸に、子どもへの支援から高齢者の居場所づくりまで幅広い年代に向けて活動しています。誰もが支え合い、「お互い様」が普通になるようイベントなどを通じ繋がりをつくっています。

認定NPO法人フォーラムひこばえ(京都市)

フォーラムひこばえコミュニティーセンター事業、児童館事業・放課後等デイサービス事業、就労継続支援B型・生活介護事業

ホームページ(外部リンク)

子どもからお年よりまで障害のある人もない人も、みんなのよりどころとなる場所をめざして、2003年に地域住民の有志が集まり活動を始めました。地域の福祉ニーズに応える形で、小学生を対象とした放課後等の居場所づくり活動等から開始しましたが、その後、活動から見えてきた新たなニーズに応える形で事業を広げています。

NPO法人ビオトープネットワーク京都(京都市)

ビオトープネットワーク京都様子自然環境の調査・保護・回復・維持、環境教育、福祉活動、コミュニティ作り、ごみ清掃

ホームページ(外部リンク) ・ Facebookページ(外部リンク) ・ Facebookページ【みささぎの森】(外部リンク)

「みささぎの森」の里山整備や間伐材を使ったプレイパーク作り、清掃活動、環境教育、里山フェスタ開催の他、京都の河川や水辺の水質、生物の調査を行っています。その他、御池通りや東山いきいき市民活動センター中庭などの街中での活動や、宇治白川や木津川運動公園でも活動しています。

認定NPO法人アンビシャス(京都市)

アンビシャス活動の様子ドッグセラピー、動物介在授業(いのちの授業)、ペットと防災啓発、わんわんパトロール、聴覚障害者施設支援

ホームページ(外部リンク) ・ Facebookページ(外部リンク) ・ Twitter(外部リンク)
Instagram(外部リンク) ・ ブログ(外部リンク)

活動のほぼ全てにトレーニングを積んだアンビシャス認定セラピードッグを帯同し、ドッグセラピー活動・いのちの授業・ペットと防災啓発を3つ柱として活動をしています。子どもから高齢者の方まで活動を通じて笑顔を届けています。

NPO法人障碍者芸術推進研究機構(京都市)

障碍者芸術推進研究機構活動の様子アトリエ運営、展示会等の各種展示、作品の収蔵並びに頒布、作品アーカイブ保存並びに利活用

ホームページ(外部リンク) ・ Facebookページ(外部リンク)
Twitter(外部リンク) ・ Instagram(外部リンク)

障碍等のある人が学齢期より生涯にわたり制作活動ができる場を提供するとともに、作品の収蔵・保存とアーカイブ保存を進めています。また、作品頒布やアーカイブの利活用による収益を還元し、障碍等のある人の社会参加と経済的自立を目指しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?