ホーム > プロボノを活かした地域力応援事業(京都プロボノプログラム)のご案内

ここから本文です。

プロボノを活かした地域力応援事業(京都プロボノプログラム)のご案内

京都府(事業主体)、特定非営利活動法人テダス(実施主体・事務局)、府内の中間支援団体(各地域の窓口・コーディネーター※)がネットワークを組み実施しています。 

※ 各地域の窓口となる中間支援団体(順次追加予定)
しえんのわ(福知山市)、特定非営利活動法人テダス(南丹市)、みんなのネットワーク(亀岡市)、特定非営利活動法人長岡京市民活動サポートセンター(長岡京市)、おりなす.キャンプ.城陽(城陽市)、特定非営利活動法人加茂女(木津川市)

新着情報

事業概要

複雑化・高度化する地域課題に対して、地域力再生活動団体の解決能力の向上を図るため、高度な専門知識や能力を有するボランティアをプロボノとして地域力再生活動団体に派遣し、課題解決に向けた指導や支援を展開します。

プロボノとは

 「pro(for)」「bono(good)」「publico(public)」というラテン語が語源で、「公共善のために」という意味です。
専門的なスキルや経験等をボランティアとして提供し、社会課題の解決に成果をもたらすことをいいます。

特に「京都プロボノプログラム」においては、誰もができる簡単なボランティアではなく、あなたができる特別なことを提供いただき、地域力再生活動団体の活動基盤強化へつなげます。

全体像

京都プロボノの全体像

専門的なスキルや経験等をお持ちの方をプロボノワーカーとして募集し登録いただきます。
課題を抱えた地域力再生活動団体を募集します。
プロボノコーディネーター(PC)が両者をマッチング、コーディネートします。

忙しい方でも参加しやすい京都プロボノプログラム

忙しい人でも参加しやすい

プロボノワーカーが地域力再生活動団体へ派遣される訪問回数は最大3回。その実施期間は約2か月間で、全体で10~12時間程度です。
地域力再生活動団体から応募される課題内容によって、プロボノコーディネーターが3名前後のチームを編成します。

参 考 (過去の開催イベント)

  • (終了しました)第1回京都プロボノ大交流会
    実際の活用事例を交えたプロボノの魅力紹介やプロボノ活動に興味のある方とプロボノを受け入れたいと希望される団体を対象にした交流会を開催しました。
    開催日時:平成28年1月23日(土曜)午後7時から
    開催場所:KYOCAビル3階salon(京都府京都市下京区朱雀正会町1–1)
  • (終了しました)きょうとプロボノ元年~“スキル×現場×想い”が生み出す「共感イノベーション」へ~
    東京や大阪で先駆的にプロボノ事業を実施されている特定非営利活動法人サービスグラント代表理事の嵯峨生馬氏を講師に招き、フォーラムを開催しました。
    開催日時:平成26年11月10日(月曜)午後6時半から
    開催場所:ルビノ京都堀川(京都市上京区東堀川通下長者町下ル)

「京都プロボノプログラム」に関するお問い合わせ

 プログラム、プロボノワーカー登録、プロボノワーカー派遣に関するお問い合わせは下記へご連絡ください。

  • 特定非営利活動法人テダス(京都プロボノプログラム事務局)
    〒622-0002 京都府南丹市園部町美園町7号9-1
    電 話:0771-68-3555 FAX:0771-68-3565

お問い合わせ

府民生活部府民力推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4453

ファックス:075-414-4230

fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?