ここから本文です。

家畜を所有されている皆様

家畜の飼養衛生管理状況に関する定期報告書の提出をお願いします

平成23年4月家畜伝染病予防法の一部が改正され、「飼養衛生管理基準」が見直されました。
それに伴い、対象家畜の所有者は、毎年、家畜の頭羽数及び飼養衛生管理状況に関する事項について、都道府県知事に報告することが義務づけられました。

飼養衛生管理基準に関する詳しい内容(農林水産省ホームページ)(外部リンク)
(中段の「飼養衛生管理基準及び特定家畜伝染病防疫指針の見直し等について」をご覧ください)

報告が必要な家畜の種類

牛、水牛、馬、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし、鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥

報告事項及び期限

対象家畜の種類、報告事項及び期限

家畜の種類、
頭羽数区分

報告事項

牛・水牛・馬

めん羊・山羊・豚・
いのしし

鶏・あひる・うずら・
きじ・ほろほろ鳥・
七面鳥

だちょう

2頭
以上

1頭

6頭
以上

6頭
未満

100羽
以上

100羽
未満

10羽
以上

10羽
未満

家畜の種類、頭羽数

畜舎・ふ卵舎の数

×

×

×

×

基準の遵守状況

×

×

×

×

添付書類

×

×

×

×

報告期限

4月15日

6月15日

〇:報告が必要な項目、×:報告が必要のない項目

報告内容及び必要書類

法令で定める様式に下記の1、2について記入し、添付書類を添えて提出ください。

法令で定める様式(農林水産省のホームページ)(外部リンク)
中段にあります「<平成24年以降>様式第14号(家畜伝染病予防法施行規則第21条の2関係)」をご利用ください。

1 基本情報

  •  所有者の氏名及び住所
  • 管理者の氏名及び住所
  • 農場の名称及び所在地
  • 家畜の種類及び頭羽数(2月1日時点の内容)
  • 畜舎及びふ卵舎の数

2 飼養衛生管理基準の遵守状況(チェックシート)

3 添付書類

  •  農場平面図(衛生管理区域、消毒設備の設置場所を記入)
  • 必要のない者を立入らせないための措置
  • 消毒設備の種類
  • 家畜伝染病発生時における埋却地、焼却地の準備状況(馬を除く)
  • 大規模農場における追加措置(担当獣医氏名及び連絡先、通報ルールの書類)

 

お問い合わせ先

家畜の飼養の所在地を所管する家畜保健衛生所にお問い合わせください

お問い合わせ先一覧

家畜の所在地

所管家畜保健衛生所
(連絡先)

京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、
京田辺市、木津川市、大山崎町、久御山町、井手町、
宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村

山城家畜保健衛生所
(TEL:0774-52-2040)

亀岡市、南丹市、京丹波町

南丹家畜保健衛生所
(TEL:0771-42-3308)

福知山市、舞鶴市、綾部市

中丹家畜保健衛生所
(TEL:0773-25-1860)

宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町

丹後家畜保健衛生所
(TEL:0772-43-1125)

 

お問い合わせ

農林水産部畜産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4981

ファックス:075-414-4982

chikusan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?