ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府中丹広域振興局 > 地域リハビリテーション

ここから本文です。

中丹広域振興局

地域リハビリテーション

地域リハビリテーション連携推進事業

リハビリテーション連携推進事業とは?

<趣旨>

府民が住み慣れた地域で安心していきいきと暮らせるよう、急性期から回復期、維持・生活期までの継続した総合的なリハビリテーション提供体制の整備に向けて、各関係機関の連携推進を図ることを目的としています。

市立福知山市民病院と舞鶴赤十字病院を地域リハビリテーション支援センターとして指定し、そこを軸に地域の協力病院の協力を得ながら実施しています。

<事業内容>

1圏域連絡会
圏域の地域リハビリテーション連携推進に向けて、構成団体(圏域のリハビリテーション関係機関の代表で構成)と当圏域における事業の方向性等の検討を行う会議。

2リハビリテーション相談窓口(介護保険事業所等の従事者からの相談窓口)
・舞鶴・綾部地域:中丹東地域リハビリテーション支援センター(舞鶴赤十字病院)
・福知山地域:中丹西地域リハビリテーション支援センター(市立福知山市民病院)

3その他の連携推進に関すること
(1)連携推進ガイドの作成:連携するための情報・ツールの提供
(2)ホームページ等での啓発

地域リハビリテーション連携概念図

退院時リハビリテーション情報提供書

地域リハビリテーション情報提供書

中丹圏域における地域リハビリテーション連携上の問題点として、「病院退院時におけるリハビリテーションに関する情報不足」があげられます。

この問題に対して、病院から退院後のリハビリテーションに従事される方々にも、リハビリテーションの継続に必要な情報を提供できることを目的として、「退院時リハビリテーション情報提供書」が作成されました(病院により書式は変わることがあります)。

この情報提供書は本人・家族様の同意を得た上で、退院時のサマリーに添付したり、本人様や家族様に手渡したり、事業所のリハビリ連携窓口担当者へ郵送するなどの方法で活用されています。

また、「地域リハビリテーション情報提供書」は、「退院時リハビリテーション情報提供書」への返信や退院前カンファレンスの依頼といった「地域リハビリテーション病院連絡窓口担当者」との連携や、各サービス事業者間でのリハビリテーション情報の共有などにご利用下さい。

これらの情報提供書は「顔の見えない連携ツール」となりますが、カンファレンス等の時間が十分とれない場合にも利用でき、お互いの連絡先が明確になるなどのメリットがあります。日頃から顔の見える連携ができていれば、より効果的なツールとなります。

「退院時リハビリテーション情報提供書」、「地域リハビリテーション情報提供書」の書式は、次のホームページから入手できます。http://www.chutan-rh.jp(外部リンク)

 

中丹地域リハビリテーション支援センター相談窓口(PDF:953KB)

 

リンク集

府リハビリテーション支援センター
中丹地域リハビリテーション支援センター(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中丹広域振興局健康福祉部 中丹東保健所

舞鶴市字倉谷1350-23

ファックス:0773-76-7746

chushin-ho-higashi-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?