ここから本文です。

中丹広域振興局

インフルエンザ対策

 

感染症情報

京都府感染症情報センター
国立感染症研究所感染症情報センター(外部リンク)
感染症緊急情報(京都府健康対策課ホームページ)

 

1インフルエンザとは

インフルエンザウイルスを原因とする呼吸器感染症です。

おおむね1~4日(最長7日)を潜伏期間とし、発熱、頭痛、咳、咽頭痛、鼻水、筋肉痛などの症状が見られます。嘔吐や下痢など消化器症状が見られる場合もあり、通常のかぜに比べ全身症状が強く出やすいことが特徴です。

患者さんの多くは軽症で回復していますが、一部重症化する例や亡くなる方も報告されています。喘息など慢性の呼吸器疾患のある方、心疾患のある方、糖尿病の方、免疫不全の方、妊娠中の方などは重症化しやすいとされ、二次的な細菌感染による肺炎などをおこすことがあります。

 

2原因と感染経路

患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛まつ感染」、及びウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」により感染が起こります。

 

3治療

発熱、咳、鼻づまりなどつらい症状をおさえる治療と、オセルタミビル(商品名:タミフル)、ザナミビル(商品名:リレンザ)、ペラミビル(商品名:ラピアクタ)などの抗インフルエンザ薬による治療が中心です。細菌の混合感染による気管支炎などを併発している場合、抗生物質が処方されることもあります。治療については、病状や経過(特に症状がではじめてからの時間)に合わせて医師が判断しています。

 

4予防のポイント

インフルエンザの予防のポイントは、「手洗い」、「咳エチケット」、「ワクチン」の3つです。

手洗い

手洗いは、個人衛生の基本です。外から帰ったときなど、こまめに手を洗いましょう。また、咳やくしゃみを手でおおったときにも洗いましょう。

流水で手を洗えないとき、手指にすり込むタイプのアルコール製剤も有効です。しかし、手に目で見えるような汚れがある場合は消毒効果が低下するため、その場合は流水・石鹸での手洗いを行いましょう。

咳エチケット

発熱や咳などの症状のある場合は受信時に窓口で申し出ましょう。受信の際は咳エチケットのためにマスクをつけましょう。

 

5受診の注意など

インフルエンザについては、感染拡大防止のため、医療機関に事前に電話で連絡し、受診できる時間帯や受診方法等の指示を受けてください。受診の際は咳エチケットのためにマスクをつけましょう。診断後は基本的に自宅療養を行いますが、基礎疾患や病状等を考慮し、入院治療を行うこともあります。

 

お問い合わせ

中丹広域振興局健康福祉部 中丹東保健所

舞鶴市字倉谷1350-23

ファックス:0773-76-7746

chushin-ho-higashi-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?