ここから本文です。

中丹広域振興局

由良川里山回廊構想の推進

 「由良川里山回廊構想」

「由良川里山回廊構想」概要

1 構想の趣旨

 「里山」を山だけでなく、川、田畑、集落など、そこに暮らす人々の生活の場、生産の場としての広がりのある地域としてとらえ、「人、もの、情報、拠点」のネットワークの「回廊」を形成し、里山の魅力の発信や農林水産業やものづくり産業、観光振興等に取り組むことにより、『里山に暮らす人々が豊に暮らせるライフスタイルの確立』と『里山の果たす役割の理解の促進』を図る。

2 構想が目指す姿

 この構想が目指すものは、里山と人との関わりが希薄化する中、「里山と人との新たな関わりを創出」し、様々な取組を通じて地域の活性化につなげることです。

3 策定の基本方向

  • 3つの視点
    (1)「生活の場」としての里山の創造

       里山の生活を再評価し、新たな価値を創造

    (2)「生産の場」としての里山との共生

       食料等の生産基地である里山の活用による里山と人との共生

    (3)「交流の場」としての里山の活用

       豊かな資源を有する里山を子どもたちや都市住民等との交流に活用

  • 6つの基本方向
    (1)里山文化、匠の伝承と発展

       過疎化・高齢化等で失われつつある里山文化を守り、新たな付加価値を加えた取組を推進するとともに、里山の魅力を外部に発信

    (2)里山の保全と活用

       地域住民や都市住民による里山の保全活動や里山資源を活用した地域活動の推進 

    (3)里山情報の発信と拠点のネットワーク化

       里山に関する人・もの・情報などをネットワーク化し、様々な情報を総合的に発信する拠点づくり

    (4)里山を舞台とした交流の促進

       都市と農村の交流や自然観察や農林業体験など子どもたちの環境学習を推進

    (5)里山の農林水産物の生産振興

       栗、松茸、黒大豆など里山で生産される産品の生産振興と環境に配慮した農業の推進

    (6)里山ビジネスの創出

       観光産業、スポーツ産業、健康産業、バイオマス産業など里山の資源を活かした里山ビジネスの創出

 4 当面取り組むべき施策

(1)里山文化の伝承、発信

  •  由良川流域の里山ならではの地域文化、芸術、景観等に関する資源や人材の掘り起こし
  •  国民文化祭やシンポジウムの開催などにより、里山文化や匠の技などを広く発信

(2)豊かな里山の村づくり整備

  • 里山資源の活用を積極的に進める集落、NPO等の様々な取組に対して支援(住民提案型)

(3)「里山の産品」の生産・流通拡大

  • 高齢化により生産量の減少している栗、松茸、漆などの「里山の産品」の生産振興に関する取組を支援
  • 失われつつある地域特有の生産物の発掘、再評価とその再生の取組を検討

(4) プラットフォームによる新たな施策の検討

ア  里山情報発信の拠点づくり

  • 由良川流域の里山に関する情報の発信や人の交流、研修などの場としての機能を持つ「里山センター」開設に向けた検討

イ  NPO等の活動団体や伝統産業等に携わる人の交流や情報のネットワーク化

ウ 里山ビジネスの創出

  • NPO、企業、旅行会社、地域等の連携による里山資源を活かした里山ビジネスの創出の検討
  • 中丹新ビジネス創出交流会などとの連携による農商工連携の推進

エ 新たな里山モデルを目指した取組の検討

  • 新たな里山づくりのモデルを創出するための取組を募集し、その実行に向けた検討と支援 

構想策定委員会の開催

 平成22年8月から22年12月にかけて構想策定委員会を4回開催(委員:6名)

担当部課

中丹広域振興局農林商工部、農林水産部モデルフォレスト推進課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中丹広域振興局農林商工部 企画調整室

舞鶴市字浜2020番地

電話番号:0773-62-2508 

ファックス:0773-62-2859

chushin-no-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?