ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 京都府管理道路の冬期交通確保について

ここから本文です。

京都府管理道路の冬期交通確保について

報道発表日:平成28年11月18日

建設交通部道路管理課

  京都府では、府保有除雪機械の各地への配備開始に合わせ、11月25日(金曜日)に福知山市と合同で「京都府除雪機械出動式」を開催します。

 府が保有する除雪機械65台と地域建設企業94社が保有する除雪機械119台を各地に配備し、計184台で冬の到来に備えます。

 なお、12月1日(木曜日)から、冬期路面監視カメラにより、京都府北中部地域40箇所の積雪状況等の現地画像を公開します。 インターネットを利用してパソコンや携帯電話で現地の状況が見られます。お出かけの際には御活用ください。

 府民の皆さまにおかれましては、積雪や凍結時及び峠道の走行には、必ずスタッドレスタイヤやタイヤチェーン等の冬用の装備をされるようお願いします。 除雪作業をスムーズに実施するため、路上駐車等がないよう御協力をお願いします。

 

京都府除雪機械出動式について

 日時 平成28年11月25日(金曜日)10時15分~11時30分

 場所 京都府除雪機械管理車庫(福知山市字牧小字神谷285)

  内容 

  (1)開会あいさつ(京都府、福知山市)

 (2)地元小学生からのメッセージ

  (3)地元歩道除雪団体代表者への花束贈呈

  (4)除雪機械のデモンストレーション、搭乗、記念写真等

  (5)閉会あいさつ(京都府中丹西土木事務所)

 参加者 福知山市立有仁(ゆうじん)小学校 児童約41名、除雪実施の地域建設企業、

  歩道除雪団体代表者

 主催  京都府・福知山市

平成28年度道路除雪体制

 除雪期間 平成28年12月1日~平成29年3月15日

 対象地域 6市3町(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、南丹市、京丹波町、伊根町、与謝野町)

 ※総延長 1,480.3km(一般国道175号など155路線)

 除雪機械 184台(府所有機械:65台、地域建設企業等所有機械119台)

 

地域と一体となった歩道除雪について

 京都府北中部地域において、歩行者スペースを確保するために住民と行政が一体となって除雪を行います。

 除雪期間中も参加団体を随時受け付けています。

 今後も市町や地元自治会等への広報に努め、参加団体を公募して府民協働を推進します。

 参加団体 103団体 40路線 123区間 100.4km

 役割分担 住民→労務提供、市町→実施箇所や実施団体の推薦

 府→必要経費(機械損料、燃料費、保険料)の負担

 

雪情報の提供

 除雪期間中(12月1日~翌3月15日)に、積雪等によって通行困難となる峠部等40箇所に路面監視カメラを設置し、15分間隔で撮影した
 現地画面像の他、道路の通行規制情報と降雪・積雪量、気温データを提供します。

 ※ 京都府道路情報提供システム(京都府ホームページからアクセスできます)

 PC版:http://dobokubousai.pref.kyoto.jp/douro/yukimichi/i/index.aspx(外部リンク)

 携帯電話版:http://dobokubousai.pref.kyoto.jp/douro/yukimichi/m/index.aspx(外部リンク)

 

 

お問い合わせ

建設交通部道路管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-2074

doroka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?