ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 迷子になってしまったら-京都府動物愛護センター

ここから本文です。

迷子になってしまったら-京都府動物愛護センター

いなくなったらすぐに連絡を!

  • 犬には鑑札・狂犬病予防注射済票を首輪につけておいてください。(番号からすぐにどなたの犬かわかり、連絡できます。)
  • 所有者のわからない迷い犬や猫は、保健所で抑留されるか、又は、警察署に遺失物として届出されます。
  • 近くの保健所又は警察署に連絡してください。(保健所の連絡先はこちらです。

保健所で抑留した犬や猫は、動物舎に収容し、抑留した場所の市役所・町村役場に公示しています。

保健所で管理する期間は3日ですので、いなくなったら早めにご連絡下さい。

連絡がありましたら、保健所では連絡記録簿に記録されます。

犬や猫がいなくなった場合、又は飼い主のわからない犬や猫を保護された場合も同様に記録されます。

保健所に何らかの情報がありましたら、すぐご連絡します。

飼い主が現れない場合、処分の対象になります。

犬には、鑑札・注射済票を、他の動物には所有者がわかる名札を付けましょう。
万が一、いなくなっても、飼い主の方に連絡できます。

お問い合わせ

健康福祉部京都動物愛護センター

京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地

電話番号:075-671-0336

ファックス:075-671-0338

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?