ここから本文です。

動物取扱業者の方へ

第一種動物取扱業の方へ

第一種動物取扱業は登録する義務があり、その後5年ごとに更新するとともに、事業所ごとに動物取扱責任者を選任し、京都府等が実施する研修を受講させる義務があります。併せて、動物の購入者に対して動物の特性、状態、飼育方法等について事前に対面説明することや、現物を確認してもらうこと及び記録類の保管等が義務付けられており、悪質な業者に対しては、登録抹消等を行うことになります。

動物愛護管理法等の改正に伴い、平成25年9月1日から新たな対応が必要となりました。

・幼齢の犬猫の販売等の制限
※平成28年9月1日から幼齢の犬猫販売等の制限が出生後49日以内になります。

繁殖を行う犬猫等販売業者は、平成25年9月1日以降、出生後45日以内の犬猫の販売及び販売の用に供するための引渡しまたは展示を行うことが禁止されていますが、平成28年9月1日からは、日齢が出生後49日以内になります。

また、今後施行日は決まっていませんが、出生後56日となる予定です。 

登録申請の手続は!

京都府内の方は、各府保健所に問合せの上、事前に手続等について説明を受けてください。(なお、京都市内の方は、京都市家庭動物相談所に御連絡ください。)

登録申請後に立入検査があります。

京都府の職員が、営業施設に立ち入り、施設の構造及び動物の管理の方法について検査させていただきます。

第一種動物取扱業者登録簿の閲覧

府内(京都市を除く)登録の第一種動物取扱業者についてホームページで事業所名、事業所所在地、登録番号、業種などの登録内容を公表しています。

第一種動物取扱業者の一例

業種 業の内容 該当する業者の一例
販売(取次ぎ又は代理を含む) 動物の小売り及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業(その取次ぎ又は代理を含む) 小売業者、卸売業者、販売目的繁殖又は輸入を行う業者、露天等における販売のための動物の飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテル業者、美容業者(動物を預かる場合)、ペットシッター
貸出し 愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業 ペットレンタル業者、映画のタレント・撮影モデル・繁殖用の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり、訓練を行う業 動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示 動物を見せる業 動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者(ふれあいを目的とする場合)

競りあっせん業

動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行う業

会場を設けて行う動物オークション
譲受飼養業 有償で動物を譲り受けて飼養を行う業 老犬・老猫ホーム

第二種動物取扱業の方へ

改正動物愛護管理法により、新たに「第二種動物取扱業」が設けられました

非営利の活動であっても、飼養施設を有し、一定頭数以上の動物の取扱い(譲渡・展示・訓練等)をする者は、あらかじめ、飼養施設所在地の管轄保健所への届出が必要です。

第二種動物取扱業は、飼養する動物の適正な飼養を確保するため、飼養施設に必要な設備を設けると共に、逸走防止、清潔な飼養環境の確保、騒音等の防止等が義務付けられ、不適切な場合は、勧告・命令の対象になります。
なお、少規模に個人の家庭で飼養を行っている場合については、届出の対象にはなりません。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?