ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都府のエネルギー政策 > ハイブリッド式LED街灯に係る共同実証実験の実施について

ここから本文です。

ハイブリッド式LED街灯に係る共同実証実験の実施について

1  実証実験の趣旨  

  • 京都府と府内に工場を有する日立造船株式会社が共同で、太陽光と風力を活用した自立運転可能な

     照明設備の実証実験を行うことにより、防災対策の推進、再生可能エネルギーの導入促進、環境・エ

     ネルギー産業の振興などに役立てます。

  • 日立造船株式会社は舞鶴市に工場を有し、本機器の一部はその工場で製造されたものです。

2  実証実験の概要 

                                              街灯写真

  • 京都府と日立造船株式会社が共同して、災害時に自立

      運転が可能なハイブリッド式LED街灯(右記写真)を府庁 

      構内に設置し、性能評価に関する実証実験を実施します。

 

  • この街灯は、太陽光発電及び風力発電で発電・蓄電し、

     日没後自動点灯する仕組みになっています。

 

  • 実証実験では、太陽光及び風力の発電量の計測を行っ

     て、照明の点灯時間との関係を解析し、本機器の性能評

     価を行います。    

3  ハイブリッド式LED街灯の仕様

                                               点灯写真

  • 風力発電機 (定格出力 300W)
  • 太陽光発電パネル ( 定格出力 135W) 
  • メイン照明
  • スポット照明
  • 蓄電池        等

                                                                                                                                                                                                                                  <点灯後街灯写真> 

4 実験期間

    平成26年2月1日(土)から3年間 (予定)       

5 設置場所

    府庁3号館前 東側植え込み付近

LED場所

お問い合わせ

環境部エネルギー政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4297

ファックス:075-414-4705

energy@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?