ホーム > 安全な暮らし > サイバー犯罪対策 > サイバー犯罪に対する取組状況

ここから本文です。

サイバー犯罪に対する取組状況

京都中小企業情報セキュリティ支援ネットワーク「Ksisnetケーシスネット」の設立について

昨今、企業等に対する標的型攻撃メール等のサイバー攻撃による情報流出事案が連日メディアで取り沙汰されているように企業等が被害に遭う危険性が高まっています。

このような中、平成27年10月から「マイナンバー」の配付がスタートすることに伴い、「個人情報」を管理する企業等には、より厳格な情報セキュリティ対策が求められます。

この度、府内中小企業の健全かつ安心安全な事業活動の確保に寄与することを目的としたオール京都体制の産学公連携組織「京都中小企業情報セキュリティ支援ネットワーク(略称:Ksisinetケーシスネット)」が新たに設立され、平成27年10月1日(木曜日)から運用が開始されました。

cyber1

「Ksisnet」では、京都府警察、京都府、京都市、府内経済団体等が連携し、府内中小企業における情報漏えいや情報流出等、情報セキュリティ対策に関する相談を受理し、府内の大学教授等の専門家を含むオール京都体制で迅速に対応し、府内中小企業の情報セキュリティ意識向上や対策への支援を実施します。

(Ksisnet:Kyoto Small and Medium Enterprises Information Security Support Network) 

cyber2 cyber3

 

  1. 運用開始日
    平成27年10月1日(木曜日)から
  2. 相談窓口開設日・時間
    毎週月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(祝日を除く)
  3. 相談対象
    京都府内中小企業
  4. 相談内容
    情報セキュリティ対策、情報漏えい・流出事案等
  5. 相談窓口
    京都中小企業情報セキュリティ支援ネットワーク(Ksisnet)IT相談窓口

公益財団法人京都産業21お客様相談室
所在地 京都市下京区中堂寺南町134 京都府産業支援センター内
電話 075-315-8660
メールアドレス okyaku@ki.21.jp 

tirashi1_1(PDF:928KB)

tirashi2_2(PDF:1,161KB)

国際的なボットネットのテイクダウン作戦について

今般、米国連邦捜査局(FBI)及び欧州刑事警察機構(ユーロポール)が中心となり、日本を含む協力国の法執行機関が連携して、インターネットバンキングに係る不正送金事犯に使用されているとみられる不正プログラム「GameOver Zeus」のネットワークを崩壊させる(ボットネットのテイクダウン)作戦が実施されています。

この作戦においては、より多くの感染端末を特定し、プロバイダ等を通じて感染端末の利用者に対して不正プログラムの駆除を促すことにより、感染端末を減少させることも目的とされています。

作戦の詳細や不正プログラムの駆除方法については、警察庁の解説ページを参照してください。

警察庁の解説ページ(外部リンク)

ネット安心アドバイザーに対する登録証交付式を開催しました。

平成26年4月3日、ネットセキュリティ・サポートセンターでは、高校生を始めとする若者のコミュニティサイト等の利用に起因した性的被害やネット上のトラブル事案などが多発していることを受け、若者に対してより効果的な広報啓発活動を推進するため、子どもに関わるネット問題等に知見を有し、啓発活動に積極的に取り組まれている30名の方々を「ネット安心アドバイザー」として登録し、登録証交付式を開催しました。

 kouhu1.jpg

交付式では、山下警察本部長からアドバイザーに対して、警察との双方向での情報共有による安全なネット社会の構築に向けた取組をお願いするとともに、蓑田生活安全部長から交付証が交付されました。

kouhu2.jpg

 

 

登録証交付式に引き続き行われた第1回研修会では、ネット安心スーパーバイザーとして登録された兵庫県立大学竹内和雄准教授を議長として、講演資料等について熱心な議論や意見交換が行われました。

 

今後、ネット安心アドバイザーは、京都府内の全高等学校とPTA連絡協議会を対象に、若者の情報モラル、ネットトラブル対応能力の向上を目的とした講演活動を実施していきます。

講演等のご要望がありましたら、サイバー犯罪対策課又はお近くの警察署の生活安全課までお問い合わせください。

サイバー犯罪対策課に「ネットセキュリティ・サポートセンター」を新設しました。

現在、インターネットの国内利用者は1億人に迫る勢いで急増する中、コンピュータウイルスによる情報流出や不正アクセスなどの脅威が拡大し、府県境はおろか国境を越えてのサイバー犯罪が急増するなど、情勢は日々悪化しており、サイバー空間の安全・安心の確保は大きな治安課題の一つとなっています。

 

そこで、サイバー犯罪対策課では、平成26年3月11日に、府民のネットトラブル対応能力の向上、特に若年層向けの施策を展開し、増加するサイバー犯罪の被害防止対策を産学官連携により推進するため、その活center.jpg動拠点となる「ネットセキュリティ・サポートセンター」を開設いたしました。

 

新設したセンターには、所長、副所長のもと、

サイバー犯罪被害防止の広報活動やサイバー犯罪に係る相談業務を担当する

『ネットトラブル対策係』

インターネット関係機関・企業及び団体との連絡調整や共同対処等に係る業務を担当する

『ネットセキュリティ対策係』

の2つの係を設け、府民がネット上のトラブルに巻き込まれることなく、安心してインターネットを利用できる社会作りを進めていきます。

スマートフォンに対応したネットのマナーやルールを学べる啓発サイトの制作発表会を実施しました。

スマートフォン対応啓発サイトを産学官の連携により制作し、平成25年12月16日、京都情報大学院大学において、制作発表会を実施しました。gazou1

 

 

発表会は、サイトの制作に携わった京都府警察サイバー犯罪対策課をはじめ、制作に協力していただいた日本国際映画著作権協会(JIMCA)や京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学、STOP!違法ダウンロード広報委員会、日本レコード協会の協力により実現したもので、開催当日には、私立洛南高校附属中学校の2・3年生約500名を対象に啓発活動を実施しました。

 

 

 

発表会では、日本国際映画著作権協会の代表取締役味村隆司様から著作権侵害に関する講演をいただいたほか、京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学の統括理事長長谷川亘様、准教授渡邉昭義様、ゲーム学科3回生喜田茜衣様からサイト制作に関する取り組み内容などについて説明していただきました。
また、私立洛南高校附属中学校の生徒会長藤川庸平君には、公開したばかりのサイトをiPadを実際に操作しクイズに挑戦してもらいました。

制作発表会3

 制作発表会2制作発表会4

 

 スマートフォン対応啓発サイトの紹介ページ(京都府警察ホームページ) 

 スマートフォン対応啓発サイト(外部リンク)

 

 

クレジットカード情報を不正に利用し、インターネットで商品を騙し取るなどのサイバー犯罪への対策のため、大手宅配事業者と協力対処協定を締結しました。

宅配事業者協定全体

 

 

昨年来、不正取得した他人のID・パスワードや、クレジットカード情報を悪用して、オンラインショップに不正アクセスした上で商品を購入し、中国人留学生等にアルバイトと称して、「荷受け」をさせ不正に詐取等する事案が全国的に多発しています。

 

 

 

 

宅配事業者協定(業者)

これを受け、京都府警サイバー犯罪対策課は、グローバル化が進むサイバー犯罪被害防止と配送業務に対する安全性、信用性の確保に資するため、平成25年10月7日、宅配事業者の大手のヤマト運輸株式会社・佐川急便株式会社ら2社と、同一場所に複数回にわたり異なる宛名で商品を配送させたり、日本人名宛の荷物を外国人と思われる人物が受け取ったりするなど、犯罪に関係する疑いが強い配達の情報について、タイムリーに提供を受けることを内容とする、協力対処協定を締結しました。

学生寮等の管理運営会社との連携による啓発マンガを活用したサイバー犯罪抑止活動を実施しています。

最近、海外からインターネットを通じて、インターネットバンキングに対する不正アクセスやネットショッピングにおけるクレジットカード詐欺等の犯罪が頻発し、外国人留学生がアルバイトとして不正送金の引き出し役や詐欺金品の受け取り役に利用される事例が後を絶たないことから、平成24年11月に、京都府警サイバー犯罪対策課では、「京都府クレジットカード犯罪対策連絡協議会」と「京都精華大学」の協力のもと、中国語による啓発マンガ「割の良いアルバイトに注意!」を制作し発刊しました。

平成25年1月からは、警察庁を通じて全国の警察で配布を行っていますが、この度、京都府警サイバー犯罪対策課は、福岡県警サイバー犯罪対策課と連携して、外国人留学生が入居する学生寮等の管理運営会社である株式会社学生情報センター(略称:ナジック)の協力を得て、中国語、韓国語、英語版の啓発マンガを、京都府及び、福岡県内のナジック管理の学生寮等に居住する留学生に対し配布を開始しました。これにより、留学生がサイバー犯罪に加担しないよう注意を呼びかけ、グローバルなサイバー犯罪に関する被害防止活動を実施しています。

~外国人留学生・研修生の皆さんへ~
割の良いアルバイトに注意!
日本語版(JAPANESE)中国語版(CHINESE)
japan(PDF:1,535KB)chinese(PDF:1,142KB)
 
韓国語版(KOREAN)英語版(ENGLISH)
korean(外部リンク)english(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部サイバー犯罪対策課ネットセキュリティ・サポートセンター

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111