ホーム > 安全な暮らし > 特殊詐欺総合対策 > 京都の特殊詐欺被害状況

ここから本文です。

京都の特殊詐欺被害状況

特殊詐欺抑止対策推進状況(平成30年8月末)(暫定値)

特殊詐欺事件認知状況(平成30年8月末)(暫定値)

京都府内における特殊詐欺の発生に見る特徴的傾向(平成29年中)

特殊詐欺抑止対策推進状況

特殊詐欺事件認知状況

特殊詐欺

  • 認知件数は320件で、振り込め詐欺314件、振り込め以外の特殊詐欺6件で、前年同期に比べ154件増加しました。
  • 被害総額は約7億8,381万円で、前年同期に比べ約4,236万円増加しました。
  • 被害者は男性86人(27%)、女性234人(73%)、うち65歳以上の高齢者(以後、高齢者と説明)が243人で、被害者総数の約76%を占めています。
  • 発生地域は府北部(亀岡署・南丹署・綾部署・福知山署・舞鶴署・宮津署・京丹後署)39件、前記以外281件、うち京都市内署(川端署・上京署・東山署・中京署・下京署・下鴨署・伏見署・山科署・右京署・南署・北署・西京署)は211件でした。
  • 100万円を超える高額被害の認知件数は122件で、認知総数の約38%を占めています。
  • 被害金の交付形態は、振込型が78件(約24%)、現金送付型が17件(約5%)、現金手交型が72件(約23%)、電子マネー型が49件(約15%)、キャッシュカード手交型が104件(約33%)でした。

振り込め詐欺

  • 認知件数は314件で、前年同期に比べ163件増加しました。
  • 被害総額は約7億601万円で、前年同期に比べ約1億6,479万円増加しました。
  • 被害者は、男性84人、女性230人、うち高齢者は241人で、約77%を占めています。
  • 被害金の交付形態は、振込型が75件(約24%)、現金送付型が14件(約4%)、現金手交型が72件(約23%)、電子マネー型が49件(約16%)、キャッシュカード手交型が104件(約33%)でした。

振り込め詐欺の内訳

オレオレ詐欺

  • 認知件数は108件で、被害総額は約2億7,876万円でした。
  • 被害者は、男性21人、女性87人、うち高齢者は104人で、約96%を占めています。
  • 名目別では、
(親族騙り)借金返済・立替等名目 10件
(親族騙り)妊娠中絶費用等名目 14件
(親族騙り)仕事上のミスの保証金等名目 2件
(親族騙り)株取引にかかるトラブル回避名目 19件
(親族騙り)横領金の補填等名目 13件
(親族騙り)交通事故痴漢等に係る示談金名目 1件
(警察官騙り等)その他の名目 49件

でした。

  • 被害金の交付形態は、振込型が1件、現金送付型が1件、現金手交型が68件、キャッシュカード手交型が38件でした。

架空請求詐欺

  • 認知件数は137件で、被害総額は約3億7,589万円でした。
  • 被害者は、男性41人、女性96人、うち高齢者は80人で、約58%を占めています。
  • 名目別では、
有料サイト利用料金等名目 52件
個人情報等の登録・抹消手続き費用名目 1件
金融商品等取引名目 2件
訴訟取り下げに係る費用・供託金等名目 12件
賞金・商品当選に係る各種手数料等名目 4件
その他の名目 66件

でした。

  • 被害金の交付形態は、振込型が7件、現金送付型が12件、現金手交型が4件、電子マネー型が49件、キャッシュカード手交型が65件でした。

(注釈)
類型の分類
欺罔の文言等、事件の概要のみを捉えると、振り込め詐欺以外の特殊詐欺であるが、各名目を補完するパンフレットや有価証券、情報等の交付、送付、提供が一切ない場合、架空請求詐欺に分類する。

融資保証金詐欺

  • 認知件数は9件で、被害額は約585万円でした。
  • 被害者は、男性7人、女性2人で、うち高齢者は2人でした。
  • 被害金の交付形態は、振込型が7件、現金送付型が1件、キャッシュカード手交型が1件でした。

還付金等詐欺

  • 認知件数は60件で、被害額は約4,550万円でした。
  • 被害者は、男性15人、女性45人で、うち高齢者は55人で、約92%を占めています。
  • 名目別では、
医療費の還付名目 18件
年金の還付名目 5件
保険料の還付名目 37件

でした。

  • 被害金の交付形態は、いずれも振込型でした。

振り込め詐欺以外の特殊詐欺

  • 認知件数は6件で、前年同期に比べ9件減少しました。
  • 被害総額は、約7,780万円で、前年同期に比べ約1億2,243万円減少しました。
  • 被害者は、男性2人、女性4人、うち高齢者は2人となり、全体の約33%を占めています。
  • 被害金の交付形態は、振込型が3件(50%)、現金送付型が3件(50%)でした。

振り込め詐欺以外の特殊詐欺の内訳

金融商品等取引名目の詐欺

  • 認知件数は3件で、前年同期に比べ8件減少しました。
  • 被害総額は、約4,742万円で、前年同期に比べ約1億3,708万円減少しました。
  • 被害者は、女性3人、うち高齢者は2人で、約67%を占めています。
  • 名目別では、
権利関係等取引名目 3件
でした。
  • 被害金の交付形態は、現金送付型が3件(100%)でした。

ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺

  • 認知件数は3件で、前年同期に比べ1件増加しました。
  • 被害総額は、約3,038万円で、前年同期に比べ約1,539万円増加しました。
  • 被害者は、男性2人、女性1人で、いずれも50歳代でした。
  • 名目別では、
競馬必勝情報等提供名目 3件

でした。

  • 被害金の交付形態は、振込型が3件でした。

異性交際斡旋名目の詐欺

  • 認知はありませんでした。

その他の名目の詐欺

  • 認知はありませんでした。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部捜査第二課特殊詐欺対策室
京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地
電話番号:075-451-9111