ホーム > 安全な暮らし > 京都の犯罪情勢 > 空き巣に注意!

ここから本文です。

空き巣に注意!

~外出時、玄関錠はツーロック!窓も必ず施錠!~

空き巣の被害状況

自主防犯対策のポイント

視線の確保

犯人は近所の人に見られたり、防犯カメラで映されることを嫌います。

時間の確保

犯人は、防犯性能の高い錠や面格子・防犯カメラなどで、侵入に時間を要することを嫌います。

音の確保

犯人は、砂利の音、ガラスが割れる大きな音、警報器の音などを嫌います。

明るさの確保

犯人は、防犯灯・門灯などで明るく照らされることを嫌います。

一戸建住宅の防犯環境設計

kodate

家屋の周囲

  • 道路などに塀を乗り越える足場となるような物を置かない。
  • 塀や植栽を低くし、死角や身を隠す場所をなくす。
  • 門扉、車庫出入り口のシャッター(チェーン)は、必ず施錠する。
  • 防犯灯、センサー付きライトや警報器を取り付ける。
  • 敷地内に砂利を敷き、歩けば音が出るようにする。
  • 物置などを置く場合は、死角や2階への足場にならない場所に設置する。

玄関・勝手口

  • テレビドアホンを取り付ける。
  • ピッキング、サムターン回し等の不正解錠に強い錠を取り付ける。
  • 補助錠を取り付ける(ワンドア・ツーロック)。
  • ドアチェーンを取り付ける。

  • 掃き出し窓等に補助錠を取り付ける。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存のガラスに防犯フィルムを貼る。
  • 雨戸やシャッターを設置する。
  • 窓や室内に警報器などのセンサーを取り付ける。
  • トイレ、浴室の窓には、面格子を付ける。
  • ベランダは、見通しのよい格子状にするなど、身を隠す場所をなくす。

その他

  • 短時間の外出でも、必ず玄関や窓を施錠する。
  • 新聞や郵便受けに郵便物をためない。
  • 近所とのコミュニケーションを図り、不審者を見掛けた場合の声掛けや、110番通報をする。

共同住宅の防犯環境設計

kyoudou

建物内

建物の周囲

  • 塀や植栽を低くし、死角や身を隠す場所をなくす。
  • 防犯灯、センサー付きライトや警報器などを設置する。

建物出入口付近

  • 共用玄関は、周囲から見通しの良い場所に設置する。
  • 共用玄関は、オートロック方式を導入するのが望ましい。
  • 共用玄関に防犯カメラ、防犯灯(夜間照明)を設置する。
  • 共用玄関付近が見通せる位置に管理人室を設け、管理人を配置する。
  • エレベーターホールは、見通しの良い位置に配置し、防犯カメラを設置する。
  • エレベーターは、
     ◯ 外から見通せる窓又はスリット(小窓、細い隙間)の入った扉
     ◯ 夜間は各階止まり方式
     ◯ 防犯カメラの設置
    が望ましい。
  • 共用階段や廊下には、夜間照明を設置する。

住戸の玄関

  • テレビドアホンをつける。
  • ドアの「ちょうつがい」は、容易に壊されないものを使用する。
  • ピッキング、サムターン回しなどの不正解錠に強い錠をつける。
  • 補助錠を取り付ける(ワンドア・ツーロック)。
  • ドアチェーンを取り付ける。
  • ドア部分にガードプレートをつける(ドアの隙間を見えなくして、バールなどでこじ開けられるのを防ぐ)。

  • 窓には補助錠を取り付ける。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、防犯フィルムを貼る。
  • 室内やベランダにセンサー付きの警報器や防犯灯を取り付ける。

屋上

  • 屋上への扉は、通路と完全に遮断する構造とし、必ず施錠する。
    (災害自動感知錠とするのが望ましい。)

駐車場

  • 周囲から見通しの良い塀やフェンスを設置し、出入口は自動ゲートシステムなどを導入する。
  • 防犯カメラや防犯灯を設置する。

その他

  • 短時間の外出でも、必ず玄関や窓を施錠する。
  • 新聞や郵便受けに郵便物をためない。

過去5年間の被害状況

過去5年間の空き巣被害の認知件数

京都府内

平成25年(606件)と比較すると、平成29年(374件)は、232件(約38.3%)減少していますが、平成28年(332件)と平成29年(374件)を比較すると、42件(約12.7%)増加しています。

京都市内

平成25年(314件)と比較すると、平成29年(193件)は、121件(約38.5%)減少していますが、平成28年(129件)と平成29年(193件)を比較すると、64件(約49.6%)と大幅に増加しています。

京都府北部(亀岡市以北)

平成25年(69件)と比較すると、平成28年(80件)に増加に転じましたが、平成29年(56件)は、13件(約18.8%)減少しました。

京都府南部(向日市以南)

平成25年(222件)と比較すると、平成29年(125件)は、97件(約43.7%)減少していますが、平成28年(123件)と平成29年(125件)を比較すると微増しています。

 平成29年中の被害状況

京都府内の発生件数

平成29年中の京都府内における空き巣被害の認知件数は、374件であり、前年と比べて42件(約12.7%)増加しています。

市区町村別の発生状況

京都市内

◯発生件数


平成29年中の京都市内における空き巣被害の認知件数は193件で、前年と比べて64件(約49.6%)増加しています。
京都市内における空き巣被害のうち、一戸建住宅を対象とした被害が約60.1%を占めています。
◯侵入口

  • 京都市内における空き巣被害のうち、犯人が侵入する所として「窓(居間、ベランダ等)」が、一戸建住宅及び集合住宅ともに最も多いです。
  • 空き巣被害のうち、犯人が侵入する所として、「窓」の次に多いのは「玄関」です。
◯主な侵入手段

~一戸建住宅~

《玄関》

  • 鍵の掛かっていない玄関から侵入する「無締まり」が最も多く、次に玄関戸のガラスを割って侵入する「ガラス破り」が多いです。

《窓》

  • 窓ガラスを割る「ガラス破り」が最も多く、次に鍵の掛かっていない窓から侵入する「無締まり」が多いです。

《勝手口》

  • 勝手口の窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」が最も多く、次に鍵の掛かっていない勝手口から侵入する「無締まり」が多いです。

【防犯対策】

  • 短時間の外出でも、玄関や窓、勝手口は必ず鍵を掛けましょう。
  • 置き鍵(郵便受けの中や植木の下などに合鍵を置いておくこと)はやめましょう。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存の窓に防犯フィルムを貼って割られにくいものにしましょう。
  • 防犯カメラ、センサーライトなどを取り付けましょう。
  • 不審者を見掛けたら、すぐに110番通報しましょう。

 

~集合住宅~

《玄関》

  • 合鍵等の使用により解錠して侵入する「施錠あけ」が最も多いです。

《窓》

  • 鍵の掛かっていない窓から侵入する「無締まり」が最も多く、次に「ガラス破り」が多いです。

【防犯対策】

  • 短時間の外出でも、玄関や窓は必ず鍵を掛けましょう。
  • 置き鍵(郵便受けの中や植木の下などに合鍵を置いておくこと)はやめましょう。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存の窓に防犯フィルムを貼って割られにくいものにしましょう。
  • 不審者を見掛けたら、すぐに110番通報しましょう。

京都府北部(亀岡市以北)

◯発生件数


記載のない市区町村にあっては、被害を認知していません。


平成29年中の京都府北部(亀岡市以北)における空き巣被害の認知件数は56件で、前年と比べて24件(約30.0%)減少しています。
京都府北部における空き巣被害のうち、一戸建住宅を対象とした被害が約92.9%を占めています。

◯侵入口

  • 京都府北部における一戸建住宅を対象とした空き巣被害のうち、犯人が侵入する所として、「勝手口等」が最も多いです。
  • 集合住宅の空き巣被害のうち、犯人が侵入する所として、「窓」が最も多いです。
◯主な侵入手段

~一戸建住宅~

《玄関》

  • 玄関から侵入された被害のうち、鍵の掛かっていない「無締まり」が最も多いです。

《窓》

  • 窓から侵入された被害のうち、鍵の掛かっていない「無締まり」と窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」が多いです。

《勝手口》

  • 勝手口から侵入された被害のうち、鍵の掛かっていない「無締まり」が最も多く、次に窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」が多いです。

【防犯対策】

  • 短時間の外出でも、玄関や窓、勝手口は必ず鍵を掛けましょう。
  • 置き鍵(郵便受けの中や植木の下などに合鍵を置いておくこと)はやめましょう。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存の窓に防犯フィルムを貼って割られにくいものにしましょう。
  • 防犯カメラ、センサーライトなどを取り付けましょう。
  • 不審者を見掛けたら、すぐに110番通報しましょう。

 

~集合住宅~

 

《玄関》及び《窓》

  • 玄関及び窓から侵入された被害のうち、鍵の掛かっていない「無締まり」が最も多いです。

【防犯対策】

  • 短時間の外出でも、玄関や窓、勝手口は必ず鍵を掛けましょう。
  • 置き鍵(郵便受けの中や植木の下などに合鍵を置いておくこと)はやめましょう。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存の窓に防犯フィルムを貼って割られにくいものにしましょう。
  • 不審者を見掛けたら、すぐに110番通報しましょう。

京都府南部(向日市以南)

◯発生件数

記載のない市区町村にあっては、被害を認知していません。

平成29年中の京都府南部(向日市以南)における空き巣被害の認知件数は125件であり、前年と比べて2件(約1.6%)増加しています。

◯侵入口

  • 京都府南部における空き巣被害で、犯人の侵入する所として、「窓(居間、ベランダ等)」が一戸建住宅及び集合住宅ともに最も多いです。
◯主な侵入手段

~一戸建住宅~

≪玄関≫

  • 玄関から侵入された被害のうち、鍵の掛かっていない「無締まり」が最も多いです。

≪窓≫

  • 窓から侵入された被害のうち、窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」が最も多いです。

≪勝手口≫

  • 勝手口から侵入された被害のうち窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」が最も多いです。

【防犯対策】

  • 短時間の外出でも、玄関や窓、勝手口は必ず鍵を掛けましょう。
  • 置き鍵(郵便受けの中や植木の下などに合鍵を置いておくこと)はやめましょう。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存の窓に防犯フィルムを貼って割られにくいものにしましょう。
  • 防犯カメラ、センサーライトなどを取り付けましょう。
  • 不審者を見掛けたら、すぐに110番通報しましょう。

 

~集合住宅~

《玄関》

  • 玄関から侵入された被害のうち、鍵の掛かっていない「無締まり」が最も多いです。

《窓》

  • 窓から侵入された被害のうち、窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」が最も多いです。

【防犯対策】

  • 短時間の外出でも、玄関や窓、勝手口は必ず鍵を掛けましょう。
  • 置き鍵(郵便受けの中や植木の下などに合鍵を置いておくこと)はやめましょう。
  • 窓を防犯ガラスにしたり、既存の窓に防犯フィルムを貼って割られにくいものにしましょう。
  • 不審者を見掛けたら、すぐに110番通報しましょう。

 

お問い合わせ

京都府警察本部生活安全企画課犯罪抑止対策係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地