ホーム > 安全な暮らし > その他、安全な暮らしを守るための情報 > 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例等の一部を改正する条例が公布されました。(平成28年6月23日施行)

ここから本文です。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例等の一部を改正する条例が公布されました。(平成28年6月23日施行)

平成27年6月24日、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」といいます。)の一部を改正する法律が公布されました。

改正の概要につきましては、客にダンスをさせる営業に係る規制の範囲の見直し、新設の特定遊興飲食店営業に関する規定の整備、良好な風俗環境の保全を図るための規定の整備等です。

※詳細は後述の「風営法改正の概要」を参照してください。
この改正を受け、風営法施行条例等の一部を改正する条例が平成28年3月4日に公布されました。

改正後の条例の本文

風営法改正の概要

1 客にダンスをさせる営業に係る規制の範囲の見直し

ダンスに着目した規制が改められたことから、風俗営業の種別が、変更されました。

※施行前に風俗営業の許可を受けていた方は、改正に伴う風俗営業の種別変更による許可証の書き換え等の手続きは必要ありません。

2 特定遊興飲食店営業に関する規定の整備について

設備を設けて、深夜において客に遊興をさせ、かつ、客に酒類の提供を伴う飲食をさせる営業である特定遊興飲食店営業については、公安委員会の許可制の下、営業場所、営業時間等を制限する規定が定められました。

3   良好な風俗環境の保全を図るための規定の整備

  1. 風俗営業者等に対する深夜に営まれる風俗営業等の営業所の周辺における客の迷惑行為を防止するための措置・苦情処理に関する帳簿の備え付けが新たに規定されました。
  2. 公安委員会は風俗環境保全協議会を設置するように努めるものとされました。

4   ゲームセンターへの18歳未満の者の立ち入らせの制限に関する規定の見直し

午後10時までの時間におけるゲームセンター営業の営業所への18歳未満の者の立ち入らせについて条例により保護者の同伴を求めることなどの制限をすることができることとされました。

風営法の改正内容は、警察庁のウェブサイト内の下記通達にて確認することができます。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部を改正する法律の施行等について(通達)(外部リンク)

風営法施行条例改正の主な概要

1 営業延長許容地域(第3種地域)内における風俗営業の営業時間の制限について

風営法において、風俗営業の営業時間は、原則として午前零時までとされており、その例外として「習俗的行事等の特別な事情のある日は都道府県の条例で定める時まで」「その他の日は都道府県が条例で定めた地域に限って午前1時まで」営業を延長することが認められていましたが、法改正により、都道府県が条例で指定した地域(京都府では祇園・木屋町地区)においては、条例で定めた時まで風俗営業の営業を延長することが認められるとされたことから

従来通り、「午前1時まで」

と定めました。

2 特定遊興飲食店営業者の深夜における営業に係る騒音及び振動の規制に係る数値について

特定遊興飲食店営業は、営業所の周辺において、政令で定めるところにより、条例で定める数値以上の騒音又は振動が生じないように、その深夜における営業を営まなければならないこととされたことから、政令の基準に従い

騒音については、風俗営業の営業者に対する現行の騒音規制の「深夜時間帯」における規定数値と同様の数値
振動についても、風俗営業者に対する現行の振動規制の規定数値である「55デシベル」と同様の数値

を定めました。

3 ゲームセンター営業の営業所に16歳未満の者を立ち入らせることの制限について

現在、条例において、16歳未満の者を午後6時以降に客として立ち入らせることを禁止していますが、法改正により、年齢と時間を定めて年少者の立ち入らせを禁止することに加えて、保護者の同伴がある場合には年少者の立ち入らせを認める規制とすることができることとされたことから、

午後6時から午後10時前の時間において16歳未満の者(保護者が同伴する者を除く。)を営業所に客として立ち入らせてはならない

と定めました。

huzoku1

4   特定遊興飲食店営業の営業場所に係る許可の基準について

特定遊興飲食店営業の営業ができる地域については、政令の基準に従い、現在風俗営業の営業延長許容地域として指定している

条例上の第3種地域(祇園・木屋町地区)

を指定しました。

また、地域の指定にあたっては、上記地域のうち、周辺の深夜における良好な風俗環境を保全する必要がある施設として、

病院、患者を入院させるための設備を有する診療所、児童を入所させる児童福祉施設

を指定し、

当該施設から70メートルを超える地域

であれば営業できることとしました。

※ホテル等内にある国家公安委員会規則で定められた基準に適合した営業所を除きます。

5 特定遊興飲食店営業の営業時間の制限について

特定遊興飲食店営業の営業時間については、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要があるときは、政令で定める基準に従い、条例で定めるところにより、地域を定めて、営業時間を制限できることとされたことから、

京都府下全域において、午前5時から午前6時までの時間

を制限することとしました。

6 特定遊興飲食店営業者の遵守事項について

特定遊興飲食店営業者の遵守事項については、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害し、又は少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要な制限を条例で定めることができるとされたことから、

風俗営業者に対して規定している遵守事項と同様の事項を特定遊興飲食店営業者の遵守事項として定めること(客引きによる客の引き受けに関する遵守事項については、「深夜における当該営業に関するもののみ」を対象とする)

としました。

7 風俗環境保全協議会の設置地域について

特定遊興飲食店営業の営業ができる地域である

「第3種地域」を風俗環境保全協議会の設置地域とする

こととし、さらに祇園地区・木屋町地区とでは風俗環境が異なることから、それぞれの地区に風俗環境保全協議会を個別に設置することとしました。

その他所要の規定の整備

京都府風俗案内所の規制に関する条例の改正の概要

風営法の改正に伴い、

案内所条例における公安委員会規則で定める地域(風営法施行条例の第3種地域)における風俗案内を制限する時間について、「午前1時後午前6時まで

と改正したほか、所要の規定整備を行いました。

改正後の条例の本文

京都府暴力団排除条例の改正の概要

風営法の改正に伴い、

暴力団排除特別強化地域における暴力団員の従事を制限する「特定接客業」に特定遊興飲食店営業を加えた

ほか、所要の規定整備を行いました。

※参考
「暴力団排除特別強化地域」とは、風営法施行条例における「第3種地域」と同一の地域です。

改正後の条例の本文

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部生活安全企画課許可等事務審査室 風俗営業係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111