ホーム > 安全な暮らし > 訪日外国人急増に伴う新たな事象への対策の推進

ここから本文です。

訪日外国人急増に伴う新たな事象への対策の推進

京都府警察 訪日外国人急増に伴う新たな事象対策本部の設置

京都府内を訪れる外国人宿泊数については年々増加しており、今後も東京オリンピック・パラリンピック競技大会等に向けて、更なる増加が見込まれます。
また、平成30年6月には住宅宿泊事業法が施行され、いわゆる民泊(住宅等を活用して宿泊サービスを提供する施設)等の利用を含め、不特定多数の訪日外国人に絡む騒音やゴミ問題等、新たな事象の増加、多様化が懸念されます。
京都府警察では、平成30年4月、警察本部に「京都府警察 訪日外国人急増に伴う「新たな事象」対策本部」を設置し、関係機関・団体等との連携と適切な役割分担の下、府民生活と観光振興の調和を踏まえた総合的な治安対策を推進していきます。

新たな事象対策の基本方針

  1. 新たな事象に係る実態把握活動の推進と情報の集約
  2. 部門横断的な諸対策の検討
  3. 関係機関・団体等と連携した新たな事象の解消

お問い合わせ

京都府警察京都市警察部企画課
京都市下京区中堂寺粟田町91番地京都リサーチパーク
電話番号:075-451-9111