ここから本文です。

出会い系サイト規制法

平成15年9月に「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」、いわゆる「出会い系サイト規制法」が施行されました。

「出会い系サイト」とは

携帯電話やパソコンを利用して、知らない人同士が知り合う場を提供する電子掲示板やチャット(文字による会話)のホームページです。

主な規制の内容

利用者への規制

 

  • 児童(18歳未満の者)の「出会い系サイト」の利用が禁止されました。
  • 出会い系サイトの掲示板に書き込みをして、児童(18歳未満の者)を対象に性交の相手やお金目的の交際を求めること(不正交際誘引)が禁止されました。
    (違反した場合は100万円以下の罰金)
    この法律は、大人も児童(18歳未満の者)も罰則の対象となります。

サイト事業者への規制

児童(18歳未満の者)の利用を防止する措置(利用禁止の明示・児童でないことの確認等)をとらなければなりません。

こんな書き込みは犯罪です

  • 「女子中学生で僕とHしてくれる人いませんか」(26歳・会社員)
  • 「女子中学生とHしたいおじさんいませんか」(14歳・女子中学生)
  • 「女子高校生で3万円で会ってくれる人いませんか」(45歳・会社員)
  • 「3万円くれればデートしてもいいよ」(16歳・女子高校生)

保護者の皆さんへ

「出会い系サイト規制法」では、保護者が児童(18歳未満の者)による「出会い系サイト」の利用防止に努めるよう規定されています。

  1. 所持品・服装・行動の変化など気になることはありませんか?
  2. 携帯電話やパソコンを使い放題にさせていませんか?
  3. 有害な情報をシャットアウトするサービスについて
    • 携帯電話では、「出会い系サイト」などに接続できなくするサービスが利用できます。携帯電話会社にお問い合わせを。
    • パソコンでは、有害な情報をシャットアウトするフィルタリングソフトの利用が有効です。
      フィルタリングソフトについては、(財)インターネット協会ホームページ(外部リンク)を参照してください。

お問い合わせ

京都府警察本部少年課少年対策係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111