ホーム > 安全な暮らし > 防犯対策 > 特殊詐欺の被害防止対策~預金小切手を活用した通報システム「預手プラン」の運用開始~

ここから本文です。

特殊詐欺の被害防止対策~預金小切手を活用した通報システム「預手プラン」の運用開始~

京都府警察では、京都府内に本店を置く4金融機関(京都銀行、京都中央信用金庫、京都信用金庫、京都北都信用金庫)との間で、預金小切手を活用した通報システム「預手プラン」の運用を9月5日から開始いたします。この取り組みは、振り込め詐欺等の特殊詐欺を撲滅するため、金融機関の窓口で高額な現金取引を希望される高齢者の方に対して、預金小切手による取引を勧めていただくようお願いをしているものです。また、必要に応じて、警察官が詐欺被害に遭われていないかの確認をさせていただきます。

金融機関は、警察からの要請により通報をしていただいておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

預手小切手を活用した通報要領チャート(※画像をクリックするとPDFで表示されます。)

(PDF:454KB)

ポスター

チラシ表

チラシ裏:あなたの財産を守るチェックシート
(※画像をクリックするとPDFで表示されます。)

(PDF:188KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部生活安全企画課地域安全対策係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111