ホーム > 交通安全 > 高速道路 > 生き延びるための…高速道路における緊急時の3原則!

ここから本文です。

生き延びるための…高速道路における緊急時の3原則!

高速道路の本線や路肩に事故や故障で停止中の車両や、工事規制のため停止中の車両に、本線を走行中の車両が追突する事故が、全国的に発生しています。
京都府内でも平成28年10月に、京滋バイパスで、自損事故で停止中の自動車に走行中の自動車が追突し、自損事故の運転者が死亡する事故が発生しています。
事故や故障で停止する場合は、「路上に立たない」、「車内に残らない」、「安全な場所に避難する」の3原則を守りましょう。また、高速道路でも本線や路肩に停止している車両があることを知っておきましょう。

(画面をクリックすると大きくなります)

高速道路における緊急時の3原則(PDF:1,208KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部高速道路交通警察隊

京都市伏見区竹田田中殿町6

電話番号:075-611-6700