ホーム > 交通安全 > 交通安全特定事業計画 > 交通安全特定事業計画

ここから本文です。

交通安全特定事業計画

桂地区交通バリアフリー移動円滑化基本構想に基づく交通安全特定事業計画

交通安全特定事業を実施する道路の区間

  1. 桂緯219号線、川島緯168号線及び桂経211号線(阪急桂駅西口駅前広場から桂経236号線交差点までの区間)
  2. 桂経247号線、桂経101号線及び桂経157号線(阪急桂駅東口駅前広場から山陰街道交差点までの区間)
  3. 山陰街道(桂経157号線交差点から川岡経158号線交差点までの区間)

交通安全特定事業の内容及び実施予定期(事業完了日)

  • 桂緯219号線・川島緯168号線(阪急桂駅西口広場から桂経236号線交差点までの区間)

図面番号

実施場所

事業内容

事業完了日

1

  • 桂緯219号線と桂経214号線との交差点
  • 桂緯219号線と桂経216号線との交差点

横断歩道であることを表示する道路標示等の設置

平成20年11月11日

2

桂緯219号線と桂経217号線との交差点

信号機の設置

平成18年3月29日

  • 山陰街道(桂経157号線交差点から川岡経158号線交差点までの区間)

図面番号

実施場所

事業内容

事業完了日

3

桂高校前

既設信号機への視覚障害者用付加装置の整備

平成15年12月2日

  • 前記A~Cの道路の区間

事業内容

実施予定期間

横断歩道上、バス停付近における違法駐車車両の指導取締り及び違法駐車防止のための広報・啓発活動の実施

継続的に実施

桂地区交通安全特定事業計画図

地図 

凡例

重点整備地区 (バリアフリー事業の範囲)

特定経路 (重点的にバリアフリー化を図る経路)

準特定経路 (特定経路を補完するために、できる限りバリアフリー化を図る経路)

信号機(一灯式) (道路整備に併せて信号機を設置)

横断歩道 (道路整備に併せて横断歩道を設置)

視覚障害者用付加装置の設置 (音で信号表示を知らせる装置を設置)

お問い合わせ

京都府警察本部交通規制課

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地