ホーム > 交通安全 > その他、交通安全を守るための情報 > 「電動キックボード」・「電動スクーター」は原動機付自転車に該当します

ここから本文です。

「電動キックボード」・「電動スクーター」は原動機付自転車に該当します

「電動キックボード」・「電動スクーター」の法律上の解釈

キックボード(車輪付きの板)に取り付けられた電動式のモーターにより走行するいわゆる「電動キックボード」(座席が取り付けられている場合には「電動スクーター」と呼ばれているものもあります。)は、道路交通法及び道路運送車両法上の原動機付自転車に該当します。

したがって、該当する運転免許が必要であるほか、以下のことが義務付けられています。

前照灯、番号灯、方向指示器等の整備

道路運送車両法上の取り扱い

0.60キロワット(600ワット)以下の電動式のモーターにより走行する「電動キックボード」は道路運送車両法上の原動機付自転車に該当します。

したがって、前照灯、番号灯、方向指示器等が道路運送車両法の保安基準に適合していなければ、運行できません。適合しない状態で道路(歩道、車道を含む)を走行すると、道路交通法第62条の違反(整備不良車両運転)として処罰される場合があります。(罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)

保険への加入

自動車損害賠償保障法上の取り扱い

道路運送車両法上の原動機付自転車は、自動車損害賠償保障法に規定する自動車損害賠償責任保険又は自動車損害賠償責任共済の契約が締結されていなければ運行できません。(罰則:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

税金の納付

市町村の条例上の取り扱い

道路運送車両法上の原動機付自転車の所有者は、地方税法に規定する軽自動車税(市町村税)を納付する義務があります。また、市町村条例で軽自動車税の納付の際に交付される標識(当該市町村から交付されるもの)の取り付けが義務付けられています。

標識の取り付けは、京都府道路交通規則(公安委員会規則)により、運転者の遵守事項として定められています。(罰則:5万円以下の罰金)

ヘルメットの着用など交通法令の遵守

道路交通法上の取り扱い

道路交通法では、「電動キックボード」は、道路交通法第2条第1項第10号の規定により、「内閣府令で定める大きさ(0.60キロワット)以下の定格出力の原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車」に該当し、かつ、自転車、身体障害者用の車いす及び歩行補助車等には該当しないので、原動機付自転車に該当します。

したがって、原動機付自転車を運転することができる運転免許を受けないで運転することはできず、道路では、車道の通行、ヘルメットの着用などの原動機付自転車としての通行方法に従う必要があるなど、原動機付自転車としての取り扱いを受けます。

販売する方へ

「電動キックボード」の販売取扱店では、販売する際に上記のことをユーザーに対して確実に説明してください。

「運転免許がなくても公道で乗れる」等の虚偽の宣伝や説明をすると、刑事責任を問われる場合があります。

お問い合わせ

京都府警察本部交通企画課法令係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111