ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 交通事故発生状況(平成29年9月末現在)

ここから本文です。

交通事故発生状況(平成29年9月末現在)

交通事故の特徴

  1. 発生件数、死者数、負傷者数はいずれも減少
    平成29年9月末現在の京都府内の交通事故の発生状況は、発生件数5,190件(前年同期比-663件、-11.3%)、死者数46人(前年同期比+2人、+4.5%)、負傷者数6,205人(前年同期比-778人、-11.1%)で、発生件数、負傷者数は前年同期に比べ減少していますが、死者数は増加しています。
  2. 自動車乗車中の死者が最多
    死亡事故の特徴を状態別でみると、自動車乗車中が15人、自動二輪車乗車中・歩行中等が各10人、自転車乗用中が7人、原付車乗車中が4人となっています。
    (注)「原付車」とは総排気量が50cc以下のもの、「自動二輪車」とは原付車以外の二輪車のことをいいます。
  3. 死者の半数以上が高齢者
    交通事故死者46人のうち、高齢者(65歳以上)は29人(前年同期比+7人)で、全死者の6割以上(63.0%)を占め、依然高齢者の割合が高い状況にあります。高齢死者の状態別では、自動車乗車中が10人、歩行中等が7人、自転車乗用中が6人、原付車乗車中が4人、自動二輪車乗車中が2人となっています。
  4. 京都府内の発生状況(PDF:45KB)

京都府内の発生状況

1月~9月

9月中

月別死者数

全国・近畿管区内の状況

全国の状況

平成29年9月末現在の全国の交通事故死者数は2,597人(前年同期比-161人、-5.8%)です。愛知県が140人で最も多く、次いで多いのが埼玉県の121人、東京都の119人の順となっており、京都府の46人は多い方から24番目です。

近畿管区内の状況

平成29年9月末現在の近畿管区内の交通事故死者数は、前年同期より14人減少し、348人です。

京都府内の死亡事故の特徴

発生地域別死亡事故件数

平成29年9月末現在、京都市域の発生が19件と最も多く、次いで中丹地域の発生が13件で、山城地域と南丹地域が各5件、丹後地域が2件の順となっています。

発生地域の内訳(平成29年9月末)

年齢層別死者数

高齢者の死者数が29人で、全死者数(46人)の6割以上を占めています。また、若者が5人で、前年同期比-4人となっています。

(注)「若者」とは16~24歳、「高齢者」とは65歳以上の方をいいます。

状態別死者数

自動車乗車中が15人で最も多く、自動二輪車乗車中・歩行中等が各10人、自転車乗用中が7人、原付車乗車中が4人となっています。

事故類型別死亡事故発生件数

車両単独が18件(前年同期比+10件)、車両相互が17件(前年同期比-2件)、人対車両が9件(前年同期比-8件)となっています。

主な事故原因別(第1当事者)死者数

安全不確認が8人、前方不注意・運転操作ミスが各7人、歩行者の違反が5人、信号無視が3人、交差点関連違反が2人、速度超過が1人、その他の違反が13人となっています。

発生時間帯別死亡事故発生件数

12~14時台が7件、8~10時台・10~12時台・18~20時台が各6件、16~18時台が4件、2~4時台・6~8時台・14~16時台が各3件、4~6時台・20~22時台が各2件、0~2時台・22~24時台が1件となっています。

昼・夜間別死亡事故発生件数

死亡事故の昼・夜間別発生状況は、昼間が29件(前年同期比+1件)、夜間が15件(前年同期比-1件)です。

シートベルト着用状況

自動車乗車中の死者15人のうち、シートベルト非着用は5人です。非着用者がシートベルトを着用していた場合の生存可能者数は、4人(80.0%)です。

飲酒事故の状況

飲酒運転(第1当事者が原付以上の車両を運転し、酒酔い運転又は酒気帯び運転)による死亡事故は、2件発生しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部交通企画課交通戦略室
京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85ー3.85ー4合地
電話:075ー451ー9111