ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 薄暮交通事故防止「早めのライト点灯」

ここから本文です。

薄暮交通事故防止「早めのライト点灯」

午後4時からライトを点灯して交通事故を防ぎましょう!

 


(PDF:540KB)


(PDF:640KB)

 

 

 

歩行者事故は、日没後に発生が集中しています。
特に10月~12月は、17時~19時過ぎ頃に多く発生しています。

  • 日没後、ドライバーから歩行者は見落とされやすい。
  • 早めのライト点灯が交通事故防止に効果あり。
    →午後4時以降は、積極的にライトを点灯しましょう。
  • 歩く時は、目立つ工夫をしましょう。
    →反射材用品等を積極的に着用しましょう。
  • 道路を横断するときは、横断歩道や横断歩道橋などを利用し、横断歩道ではしっかりと安全確認をしましょう。
  • 外出時間をスライドさせるなど、できるだけ午後5時~7時の外出は避けましょう。どうしても避けられない場合は、細心の注意を払って外出しましょう。


(PDF:365KB)


(PDF:247KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部生活安全企画課

京都市上京区下長者町通新町西入藪之内町85番地3