ホーム > 交通安全 > 高齢者の交通安全 > 高齢運転者優先駐車スペースを設置しています

ここから本文です。

高齢運転者優先駐車スペースを設置しています

京都府警察では、高齢運転者標識(※参照)の正しい利用を促進し、高齢者の交通事故を防止するため、優先駐車スペースの設置を進めています。

この取組は、スーパーなどの商業施設や病院、コンビニエンスストアなど、高齢者の利用が多い施設の駐車場に、高齢運転者標識を表示した車両の優先駐車スペースを設置していただくことで、高齢運転者標識の積極的な使用や、他の年代のドライバーに注意を呼びかけるものです。

高齢運転者標識とは

70歳以上の運転者で、加齢に伴って生ずる身体機能の低下が運転機能に影響を及ぼすおそれがあるときは、高齢運転者標識を自動車の前後に表示するよう努めることとなっています。

また、この標識を表示した自動車に対して、幅寄せや割り込みをした運転者は処罰されます。

設置施設には

  • 交通安全活動にご理解をいただいている証として「協力証」を交付します。
  • 駐車スペースを示す「表示板」をお渡しします。
  • 京都府警察ホームページに施設の住所、名称等を掲載します。

設置箇所一覧(PDF:165KB)

 

お問い合わせ

お近くの警察署又は

京都府警察本部 交通企画課

電話 075-451-9111(内線5052)

FAX 075-415-2840

まで

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部交通企画課

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111