ホーム > 運転免許 > 講習案内 > 高齢者講習

ここから本文です。

高齢者講習

運転免許証の更新手続きをしようとする方で、更新期間が満了する日(誕生日の1カ月後)の年齢が70歳以上の方は、高齢者講習の受講が義務付けられています。この高齢者講習を受講していないと、運転免許証の更新ができません。
また、75歳以上の方は、講習を受講される前に「認知機能検査」の受検が必要です。

  • 認知機能検査とは、運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の方を対象に、記憶力や判断力などを簡易に確認するため、高齢者講習の前に行う検査です。
    認知機能検査についての詳しい説明文や、検査のやり方・検査用紙等の詳細は、こちら(警察庁のホームページにリンク)(外部リンク)(外部リンク)をクリックしてください。
  • 公安委員会では、平成23年6月6日から運転免許試験場において、直轄の高齢者講習を開始しました。更新期間内に受講すると、同時更新もできます(講習終了後約30分で運転免許証が交付されます)。

ご案内

  • 講習日
    平日の月曜日から金曜日
    (ただし、土曜、日曜、祝日、年末年始は休講)
  • 講習時間
    • 午前8時30分から午前11時30分
    • 午後1時00分から午後4時00分
  • 講習場所
    運転免許試験場 別館3階 高齢者講習会場
    ※講習のご予約は、075-631-5117(専用ダイヤル)へ

目的

この講習は、高齢者の方にいつまでも安全運転をしてもらうために、運転免許証の更新をする機会に、運転に必要な身体的機能の検査等を行い、その検査結果を自覚してもらうとともに実車による運転指導を行うものです。

内容・時間

70歳以上75歳未満の方

座学講習 30分
適性診断 1時間
実車指導 1時間
討論 30分
合計 3時間

 

75歳以上の方

認知機能検査 30分
座学講習 30分
適性診断 1時間
実車指導 1時間
合計 3時間

 ※ 免許証の更新期間満了日が平成29年9月12日以降となる方は関係法令等の改正により内容・時間が異なります。詳細は、高齢運転者係までお問い合わせください。

受講場所

高齢者講習(認知機能検査を含む。)が受講できる場所は、運転免許試験場及び指定自動車教習所です。受講には事前の予約が必要になりますので、公安委員会からの通知書(はがき)に記載されている講習実施場所の希望の所に電話で予約をしてください。

受講の期間

運転免許証の更新期間が満了する日前6カ月以内です。

※ 運転免許証の更新手続きをするまでに必ず受講してください(高齢者講習を受講していないと運転免許証の更新ができません。)。
予約が大変混雑しておりますので、早めの予約をお願いします。

更新手続き

運転免許証の更新期間が満了する日の2カ月前(誕生日の1カ月前)から更新手続きをすることができます。

更新手続きの際には、「高齢者講習終了証明書」が必要となりますので、必ずお持ちください。

  • 「高齢者講習終了証明書」は、高齢者講習を受講した自動車教習所等で交付されます。
  • 高齢者講習を受講された方は、更新時講習の受講が免除されます(ただし、更新時には、更新手数料(2,500円)が必要です。)。

その他の高齢者講習

高齢者講習には他に運転免許取得者教育があります。

運転免許取得者教育とは

高齢者講習と同等程度の講習を受講します。

受講すれば運転免許証の更新をすることができます。

手数料

高齢者講習

  • 70歳以上75歳未満の方は5,600円です。
  • 75歳以上の方は5,200円、認知機能検査手数料は650円で、合計5,850円です。

※ 免許証の更新期間満了日が平成29年9月12日以降となる方は手数料が異なります。詳細は、高齢運転者係までお問い合わせください。

任意高齢者講習

チャレンジ講習は2,650円で、合格された方は簡易講習が1,500円です。

運転免許取得者教育(高齢者講習と同等教育)

自動車教習所によって異なりますので、各自動車教習所にお問合せください。

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課高齢運転者係
京都市伏見区羽束師古川町647
電話番号:075-631-5181(内線472)