ホーム > 運転免許 > 講習案内 > 臨時認知機能検査と臨時高齢者講習

ここから本文です。

臨時認知機能検査と臨時高齢者講習

あらまし

75歳以上の高齢運転者の方は、これまで、3年に1度の運転免許の更新時に認知機能検査を受けることとされていましたが、平成29年3月12日からは、運転免許更新時の検査に加えて、認知機能が低下した場合に起こしやすい交通違反(信号無視や指定場所一時不停止など)をしたときは、「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。

さらに、臨時認知機能検査を受け、運転に関する認知機能の低下が認められた方は、「臨時高齢者講習」を受けなければなりません。

臨時認知機能検査の対象者

信号無視や一時不停止等の特定の交通違反をして臨時認知機能検査の対象となった方には、京都府公安委員会が検査について通知します。

※ 通知書に記載の自動車教習所(自動車学校)又は運転免許試験場に電話をして検査日を予約してください。

※ 検査時間は、30分間です。

臨時高齢者講習の対象者

臨時認知機能検査の結果、臨時高齢者講習の対象となった方には、京都府公安委員会が講習について通知します。

※ 通知書に記載の自動車教習所(自動車学校)又は運転免許試験場に電話をして講習日を予約してください。

※ 講習時間は、2時間です。

手数料

  • 臨時認知機能検査 650円
  • 臨時高齢者講習 5,650円
    (小型特殊のみの免許の方は、2,400円)

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課

京都市伏見区羽束師古川町647

電話番号:075-631-5181