ホーム > 運転免許 > 手続き案内 > 外国免許証切り替え申請手続き

ここから本文です。

外国免許証切り替え申請手続き

有効な外国の運転免許証をお持ちの方で、資格のある方は運転免許試験の一部免除で日本の運転免許を取得することができます。

この手続きは、まず申請書類の審査を行い、審査を通過した方が受験できることとなります。

審査を通過した後、免許試験に合格して初めて日本の免許を取得することができます。

予約制による申請

  • 外国免許切り替え申請の受付は、電話での予約制です。
  • 申請される方は、事前に必ず予約電話をしてから来場してください。

予約制について

  • 予約先電話番号
    075-631-5181(運転免許試験場代表電話)
    ※「内線243、外国免許証切り替え申請」と伝えてください。担当者が予約等の対応を行います。
  • 予約電話の受付時間
    月曜日から金曜日午後4時から午後5時
    ※祝日及び年末年始を除く。

申請日等の指定・場所

申請日の指定

予約電話受付時に、書類審査等を行う日時(平日の午前10時から午前11時及び午後3時から4時の間)を調整します。

申請場所

京都府警察自動車運転免許試験場本館2階8番窓口

申請の流れ

  • 指定時間に書類を受理し、書類審査・聞き取り審査等を行います。
  • 知識確認合格者は、審査合格の翌平日から技能の確認を受けていただきます。なお、技能の確認は予約制ではありませんので、平日午前8時30分から9時の間に本館1階5番窓口で直接申し込みのうえ受験してください。
  • 技能の確認は、知識の確認合格後6カ月以内に合格しなければなりません。期間内に合格できない場合は、再度、書類審査からやり直しとなります。
  • 知識の確認等の免除国の方は、午前中に書類審査等を行い、合格すれば原則として午後から適性試験を行います。

通訳人の同行

  • 日本語による会話ができない方は、聞き取り審査ができませんので、必ず通訳の方の同行をお願いします。
  • 通訳の方は、運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(有効期限内のもの)、パスポート、学生証等、本人であることが確認できるものを持参してください。
    なお、マイナンバーの「通知カード」は、原則、取り扱うことができません。

受験資格

  • 現在有効な外国免許証をお持ちの方
  • 外国免許証取得後、当該国に通算して3カ月以上の滞在期間がある方
  • 年齢
    • 16歳以上…普通二輪、原付
    • 18歳以上…普通、大型二輪、大特、けん引
    • 20歳以上…中型(注1)
    • 21歳以上…大型(注2)
  • 京都府内に住民登録をされている方
    ※外国免許証を日本の中型免許又は大型免許に切り替えを希望される方は、最初に日本の普通免許に切り替えた後、後記の中型免許又は大型免許の受験資格を証明する外国免許証の経歴証明を取得の上、再度、中型免許又は大型免許への切り替え手続きが必要となります。

中型免許の受験資格について(注1)

  • 20歳以上
  • 現に日本の普通又は大特免許を受けており、かつ、これらの免許のいずれかを受けていた期間(効力が停止していた期間を除く。)が通算して2年以上であること
    又は
  • 日本の普通又は大特免許に相当する外国の免許を受けており、当該免許のいずれかを受けていた期間が通算して2年以上であること

大型免許の受験資格について(注2)

  • 21歳以上
  • 現に日本の中型・普通又は大特免許を受けており、かつこれらの免許のいずれかを受けていた期間(効力が停止していた期間を除く。)が通算して3年以上であること
    又は
  • 日本の中型・普通又は大特免許に相当する外国の免許を受けており、当該免許のいずれかを受けていた期間が通算して3年以上であること

必要書類等

申請時有効な外国免許証

旧免許証をお持ちの方は旧免許証もご持参ください。

国別免許証により必要となる書類等

  • 交付日の記載がないもの、又は最初の取得日が不明な免許証をお持ちの方は、ドライビング ライセンス(運転経歴証明書)
  • カード式のイギリス免許証をお持ちの方はカウンターパート ドライビング ライセンス
  • フィリピン免許証をお持ちの方は、オフィシャル ライセンス
  • 中国免許証をお持ちの方は居民身分証が必要となる場合があります。
  • 書類審査の結果により、当該国領事館、関係省庁(機関)等が作成する証明書の提出を求める場合があります。

外国免許証の日本語による翻訳文

当該国の大使館、領事館又は日本自動車連盟(JAF)で翻訳したものに限られます。

(JAFの電話番号 075-682-6000)

翻訳文については、申請の添付書類となっているため、書面審査を通過できなかった(外国免許切り替え手続ができない)場合でもお返しはできません。

本籍(国籍等)の記載された住民票

  • 6ヶ月以内に発行のものをお願いします。コピーは不可。
  • 本籍が記載されたものに限る。
  • 外国籍の方は、国籍等、在留資格、在留期間を記載した住民票を持参してください。在留期間が切れている場合は受理できません。
  • 住民基本台帳法の適用を受けない外国籍の方は、運転免許試験場までお問い合わせください。
  • 「個人番号」が記載された住民票は、原則、取り扱うことができません。

パスポート

免許証の取得時に当該国に滞在していたこと、及び申請時の外国免許を取得してから3カ月の滞在が確認できるパスポートが必要になります。お持ちのパスポートすべてを持参してください。

申請用写真1枚

申請前6カ月以内に撮影した、無帽、正面、上三分身、無背景の縦3センチ、横2.4センチの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記入したものが必要です。

日本の免許をお持ちの方は日本の免許証

有効な免許をお持ちの方は必ず持参してください。失効している場合でも免許証を所持していれば持参してください。

試験等の内容

  • 書類審査(この審査を通過できた方のみ次に進むことができます。)
  • 知識審査(一部の国については免除)
  • 技能審査(一部の国については免除)
  • 適性試験

知識審査、技能審査を免除する国等(25カ国・2地域)

アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国のメリーランド州、イギリス、イタリア、オーストリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルク、台湾

手数料

受験手数料

  • 大型・中型4,400円
  • 普通2,200円
  • 原付1,500円
  • その他2,950円

(注)技能審査を受ける方は車両使用料として1,550円が必要となります。

交付手数料

免許1種類のみ2,050円(1種類増すごとに200円追加)

知識・技能の確認(審査)

知識の確認

  • 問題10問中7問以上の正解で支障なしと判断し、技能の確認へと進めます。
    支障ありと判断された場合でも手数料は徴収されます。
  • 知識の確認で支障ありと判断された場合で、再度知識の確認を受ける場合は、その都度受験手数料が必要です。

技能の確認

  • 試験場内のコースを使用し、免許の種類ごとに定められたコースを走行し、100ポイント中70ポイント以上で支障なしと判断します。
  • 技能審査で支障ありと判断された場合で、再度技能の確認を受けられる場合はその都度受験手数料と車両使用料が必要です。

その他

  • 過去に交通違反等(国際免許での運転も含む。)がある方は、受験できない場合があります。
  • 過去に免許の取り消し(初心運転者制度による取り消しは除きます。)処分、拒否処分又は6カ月を超える運転禁止処分を受けた方は、その処分の期間(試験を受けられない期間)が終了しており、かつ、過去1年以内に取消処分者講習を受けていないと受験の申請はできません。
  • 場合によっては、申請書類以外の書類が必要になることがあります。

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課免許係

京都市伏見区羽束師古川町647

電話番号:075-631-5181