ホーム > 運転免許 > 手続き案内 > 運転免許証の返納について

ここから本文です。

運転免許証の返納について

「加齢により運転が不安になった。」「家族と相談して免許証を返すことにした。」など免許証の全部を返納したい方、「大型は運転しなくなったが普通車は乗りたい。」「四輪は乗らないけど原付は必要。」など免許証の一部返納をしたい方は、

運転免許証の有効期限内に限り

公安委員会に運転免許証の取消し(全部又は一部)を申請することができます。

  • 免許証の全部を返納した場合は無免許になり、自動車等の運転はできません。
  • 一部返納をしても、認知機能検査や高齢者講習は免除されません。
  • 免許更新とは別に一部返納をされる場合は、手数料が必要になる場合があります。
    詳しくは運転免許試験場など、下記の申請場所へお尋ねください。

申請場所・受付時間

※更新と同時に一部取消される方は、下記受付時間ではなく、「免許更新手続き」欄に記載の受付時間にご来場ください。

運転免許試験場

  • 平日(土曜日、祝・休日、年末年始の休日を除く)
    本館 2階 8番 窓口
    8時30分から11時
    13時から16時
  • 日曜日(全部返納に限る)
    別館 1階 5番 窓口
    14時から15時30分

京都駅前運転免許更新センター申請窓口(自主返納専用窓口:A窓口)

  • 平日(土曜日、祝・休日、年末年始の休日を除く)
    9時30分から11時
    14時から16時
  • 日曜日(全部返納に限る)
    14時から15時30分

住所地を管轄する警察署交通課

  • 平日(土曜日、祝・休日、年末年始の休日を除く)
    9時から12時
    13時から16時

※交番や駐在所での自主返納(全部返納のみ)申請を希望される方は、事前に受け持ち警察署交通課に予約の電話をしてください。

申請に必要な持ち物

  • 運転免許証(有効期限が切れていないものに限る。)
  • 印鑑(認印で可)
  • 運転経歴証明書を希望される方は手数料。詳しくは「運転経歴証明書申請手続」をご覧ください。
    ※警察署で運転経歴証明書を申請される場合、証明写真(縦3センチ×2.4センチ、正面を向いた無帽、無背景、上三分身、6か月以内に撮影したもの。「持ち込み写真の審査基準」を参照。)が必要となる場合があります。また、運転経歴証明書の交付には約1か月ほどかかります。詳しくは、受け持ち警察署交通課にお尋ねください。

その他

  • 高齢者が運転免許証を返納される場合、京都府ホームページ「高齢者運転免許証自主返納施策について」に制度の案内があります。同ホームページには、自主返納された方への支援事業の内容(市町村や民間企業によるもの)なども登載されています。是非、ご覧ください。
  • ご病気や家族が心配している等の理由で、運転免許証の返納をお考えの方は、運転免許試験課臨時適性検査係や警察署交通課などにおいて運転適性相談を受けることができます。お気軽に相談してください。また、京都駅前運転免許更新センターでは、高齢運転者の方などのために、自主返納専用窓口とホットラインを開設しています。こちらもご利用してください。
  • 代理人による自主返納(全部取消に限る。)をお考えの方は、委任状や確認書などの書類が必要となります。申請に必要な書類は、上記申請場所で交付できますので、相談をされるようお勧めします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課免許係

京都市伏見区羽束師古川町647