ホーム > 運転免許 > 手続き案内 > 運転経歴証明書申請手続

ここから本文です。

運転経歴証明書申請手続

運転免許の全部取消申請(自主返納)者は、申請により運転経歴証明書の交付を受けることができます。

申請場所・受付時間

運転免許試験場

  • 月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
    本館 2階 8番 窓口
    午前8時30分から午前11時
    午後1時から午後4時
  • 日曜日
    別館 1階 5番 窓口
    午後2時から午後3時30分

京都駅前運転免許更新センター B 窓口

  • 月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
    午前9時30分から午前11時
    午後2時から午後4時
  • 日曜日
    午後2時から午後3時30分

申請者の住所地を管轄する警察署

  • 月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
    午前9時から午後0時
    午後1時から午後4時30分

※受取は、申請日から約4週間後に警察署で交付します。

※交番又は駐在所では、自主返納と同時に申請される場合のみ受付可能です。

各警察署へ自主返納の予約の電話をされる際に、運転経歴証明書の申請希望をお伝えください。

申請ができる方

  • 運転免許証の全部取消しを申請し、同時に運転経歴証明書の交付申請をする方
  • 過去に全部取消しを受け5年間が経過せず、新たに運転経歴証明書の交付申請をする方
  • 次の場合には、運転経歴証明書の再交付を受けることができます。
    1. 全部取消しを受け5年を経過しておらず、旧運転経歴証明書を現に所持している場合
    2. 全部取消しから5年を経過していないが、旧運転経歴証明書を亡失、滅失又は破損している場合
    3. 全部取消しから5年を経過しているが、旧運転経歴証明書を現に所持している場合(記載内容が判読できる場合に限る。)

申請ができない方

  • 運転免許証の有効期限が切れている方は、全部取消しを申請できませんので、運転経歴証明書の申請もできません。
  • 申請取消しから5年を経過し、旧運転経歴証明書を亡失、滅失、汚損又は破損している場合は、運転経歴証明書の再交付申請ができません。

必要書類等

  • 運転免許証(既に申請による全部取消処分を受けている方は、取消通知書)
  • 本籍(国籍等)記載の住民票の写し(コピー不可・6ヶ月以内に発行のもの)
    ※取消申請と同時に運転経歴証明書の交付申請をする方を除く
  • 印鑑(認印で可)
  • 写真1枚(縦3センチ×横2.4センチ、正面、上三分身、無帽、無背景、6ヶ月以内に撮影のもの)
    (注)京都市内の警察署、向日町、宇治、城陽、八幡及び田辺警察署で申請される方は写真が必要ですが、運転免許試験場、京都駅前運転免許更新センター、下鴨、木津、亀岡以北の各警察署(舞鶴警察署東庁舎、右京警察署京北交番、京丹後警察署網野交番・久美浜交番を含む)で申請する場合は必要ありません。

手数料

申請手数料・再交付申請手数料とも1,000円

※交番又は駐在所で申請される方は、京都府収入証紙1,000円分をお持ちください。(警察署や京都府の各機関で購入できます。)

その他

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課免許係

京都市伏見区羽束師古川町647

電話番号:075-631-5181