ホーム > 運転免許 > 手続き案内 > 記載事項変更手続き

ここから本文です。

記載事項変更手続き

住所・本籍(国籍等)・氏名を変更された方は、記載事項の変更届けをしてください。

手続きの場所

住所地を管轄する警察署が原則ですが、最寄りの京都府内の警察署ならどこでも手続きが可能です。

  • 各警察署、舞鶴東庁舎の免許の窓口
  • 交番では手続きができません。(京北・網野・久美浜交番を除く。)
  • 受付時間
    月曜日から金曜日(祝日、年末年始の休日を除く。)
    午前9時から午前11時45分
    午後1時から午後4時45分
  • 手続きの流れ
    備付けの運転免許証記載事項変更届(登録票)に必要事項を記入

    住民票等を添えて提出

    免許証裏面・ICチップの書き込み、公安委員会公印を押印して返還

京都府警察自動車運転免許試験場 本館2階8番窓口

受付時間
月曜日から金曜日(祝日、年末年始の休日を除く。)
午前8時30分から午前11時45分
午後1時から午後4時45分

必要書類等

住所の変更

  • 運転免許証
  • 住民票(6ヶ月以内に発行のものをお願いします。コピーは不可。)
    ※家族分の住民票は、ホッチキス留め等を外さず全部持参してください(複数枚で一通の書類です。)。
    ※外国籍の方は、在留資格、在留期間を記載した住民票を持参してください。在留資格、在留期間が記載されていない場合は、確認できるように在留カード等を提示してください。
    ※「個人番号」が記載された住民票は、原則、取り扱うことができません。
  • 住民票が用意できない方は、新住所・氏名が正しく記載された
    • 健康保険証
    • 消印のある封書・郵便物(転送されたものは不可)
    • 電気・ガス・水道等公的な機関が発給した領収書(請求書のみは不可)

 のいずれかを持参してください。

《外国籍の方で住民票が用意できない方》
在留カード又は特別永住者証明書を持参してください。

《住民基本台帳法の適用を受けない外国籍の方》
運転免許試験場までお問い合わせください。

なお、マイナンバーの「通知カード」は、原則、取り扱うことができません。

注意

  1. マンション名、号室、○○方、通り名、上る、下る、東入、西入などが省略されたものや名前がカタカナ書きのものは不可。
  2. コピーは不可。

本籍(国籍等)・氏名の変更

  • 運転免許証
  • 住民票(6ヶ月以内に発行のものをお願いします。コピーは不可。)
    ※本籍が記載されたものに限る。
    ※外国籍の方は、国籍等、在留資格、在留期間を記載した住民票を持参してください。在留資格、在留期間が記載されていない場合は、確認できるように在留カード等を提示してください。
    ※住民基本台帳法の適用を受けない外国籍の方は、運転免許試験場までお問い合わせください。
    ※「個人番号」が記載された住民票は、原則、取り扱うことができません。

その他

  • 同居の親族の方であれば、代理の申請ができます。代理の方は、運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(有効期限内のもの)、パスポート、学生証等、本人であることが確認できるものを持参してください。
    なお、マイナンバーの「通知カード」は、原則、取り扱うことができません。
  • 記載事項変更は、手数料無料です。

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課免許係

京都市伏見区羽束師古川町647

電話番号:075-631-5181