ホーム > 運転免許 > 手続き案内 > 持参した顔写真で免許証が作成できます

ここから本文です。

持参した顔写真で免許証が作成できます

運転免許証の申請(更新、新規、併記、有効期限切れ失効、再交付、運転経歴証明)に、持参した顔写真を使用して運転免許証の作成ができます。

  • 免許申請時に「持参した顔写真で免許証を作成したい。」旨、申し出てください。
    (原付試験など午後からの運転免許試験に合格され、持参した顔写真で免許の作成を希望される方は、合格発表後、直ぐに4番窓口に申し出てください。申し出が遅くなれば、持参した顔写真で免許が作成できない場合があります。)
  • 持参する写真は、申請前6カ月以内に撮影した、無帽、正面、上三分身、無背景、縦3センチ・横2.4センチサイズ(法律に規定されたもの)に限ります。
  • 試験場、更新センター、警察署に設置の撮影機での免許写真撮影後は、持参した顔写真での免許証作成はできません。
  • 持参した写真を複写して作成するため顔写真の画質は落ちます。また、試験場では出来上がりに時間がかかり、通常の交付予定時間より遅れる場合があります。あらかじめ、ご了承ください。
  • 警察署経由の申請の場合は、後日交付となります。
  • 法律に定める写真の基準に該当しない場合や免許用写真として不適当と認める場合は、こちらに設置の撮影機により写真撮影を行います。

 

※不適当と認められる写真の例は、次のようなものです。

  • 6カ月以前の古い写真
  • 鮮明でない(ぼやけている)又は明らかに色あせした写真
  • 写真に汚れ、キズがあるもの
  • カラーコンタクト又はディファインなどの装飾コンタクトをしている
  • サングラス又はレンズに色のついた眼鏡をかけている
    (病気や負傷により必要があって使用している方は、運転免許試験場にご相談ください。)
  • イヤホン・ヘッドホン(補聴器を除く)、幅の広いヘアーバンドを装着しているもの
  • マスク、帽子、大きな髪飾りを装着しているもの
  • 両(片)目が髪で隠れている
  • 頭髪が写真に収まっていない
  • 顔部分だけの写真
  • 上半身(腰から上部分)が写っていて顔部分が小さいもの
  • 写真の中心から顔がずれているもの
  • 現在の容貌と著しく変わっているもの
  • 背景と同化して体の輪郭が不鮮明なもの
  • 加工修正したもの
  • 写真専用紙で印刷していない写真
  • 記念写真又はプリクラ写真を切り取ったもの
  • 写真をカラーコピーしているもの
  • 斜め写りの写真
  • 目つむり写真
  • 背景に風景が写っている又は模様や線、凹凸のわかる壁・カーテンが写っているもの
  • 衣服が見えず裸に見える、笑い顔、目を細めている、視線が正面でない、口が開いたままなど証明用写真として適当でないもの

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課免許係

京都市伏見区羽束師古川町647