ホーム > 運転免許 > 手続き案内 > 免許証再交付申請手続

ここから本文です。

免許証再交付申請手続

運転免許証をなくしたり、盗難に遭ったとき、また、汚れたり破れたりして記載内容が分からなくなった場合やICチップが壊れ、読み取りなどができなくなった場合は再交付の申請ができます。

運転免許証を携帯せずに自動車等を運転すれば「免許証不携帯違反」として処罰の対象となります。

申請場所・受付時間

運転免許試験場 本館 2階 8番窓口

京都府内にお住まいの方は、どなたでも手続ができます。

  • 受付時間
    月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
    午前8時30分から午前10時30分
    午後1時から午後2時30分
  • 交付
    申請日当日

京都駅前運転免許更新センター A 窓口

  • 受付時間
    月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
    午前9時30分から午前11時
    午後2時から午後4時
  • 交付
    申請日当日

住所地を管轄する警察署

  • 受付時間
    月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
    午前9時から午後0時
    午後1時から午後5時
  • 交付
    申請日から原則3週間後

必要書類等

  • 写真1枚(縦3センチ×横2.4センチ、正面、上三分身、無帽、無背景、6ヶ月以内に撮影のもの)
    ※カラーコンタクト(ディファイン)を使用して撮影した写真は使用できませんので、ご注意ください。
    不適切と認められる写真の例については「持参した顔写真で免許証が作成できます」の例を参照してください。
  • 印鑑(認印で可)
  • 運転免許証(汚損、破損等で所持している場合)

再交付と同時に記載事項を変更する場合

  • 本籍(国籍等)・氏名の変更
    本籍が記載された住民票の写し(コピー不可・6ヶ月以内に発行のもの)
    ※外国籍の方は、国籍等、在留資格・在留期間を記載した住民票の写し、在留資格、在留期間が記載されていない場合は、在留カードも提示してください。
    ※住民基本台帳法の適用を受けない外国籍の方は、運転免許試験課までお問い合わせください。
  • 住所のみの変更
    住民票の写し(コピー不可・6ヶ月以内に発行のもの)
    ※複数綴りの住民票の写しは、ホッチキス留め等を外さずに全部持参してください。
    ※外国籍の方は、在留資格、在留期間を記載した住民票の写しを持参してください。
    在留資格、在留期間が記載されていない場合は、確認できるように在留カードも提示してください。
  • 住民票の写しが用意できない方は、新住所・氏名が正しく記載された
    • 健康保険証
    • 消印のある封書・郵便物(転送されたものは不可)
    • 電気・ガス・水道等の公的な機関が発給した領収書(請求書のみは不可)

のいずれかを持参してください。
※外国籍の方で住民票の写しが用意できない方
  在留カード又は特別永住者証明書を持参してください。
※住民基本台帳法の適用を受けない外国籍の方は、運転免許試験課までお問い合わせください。

手数料

3,500円

その他

他府県からの住所変更を同時にされる方は、氏名の字体や本籍を確認する必要がありますので、できるだけ本籍の記載のある住民票の写しを準備してください。

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課免許係

京都市伏見区羽束師古川町647

電話番号:075-631-5181