ホーム > 安全な暮らし > 災害対策 > 災害に対する平素の備え

ここから本文です。

災害に対する平素の備え

災害はいつ発生するか分かりません。災害に対して平素から備えておきましょう。

非常用持出物品の準備

災害が発生したときは、救援物資が到着するまで時間がかかります。

日頃から非常時の持出品を準備して、リュックサックやカバンに入れておきましょう。

必要となる物(例)

飲料水、食料品(缶詰、レトルト食品等)、医薬品、貴重品(現金、預金通帳、印鑑等)、衣料品、ヘルメット、軍手、懐中電灯、ラジオ、電池等

このほか、おむつ、ミルク、哺乳びん、コンタクトレンズの保存液等家庭に応じた物を用意しておきましょう。

避難場所・経路の確認

各地域で定められた避難場所を確認するとともに、家族等で実際に避難場所までの経路を歩いてみましょう。

消火器・消火用水の用意

消火器や水をためたバケツなどを用意しておきましょう。

お問い合わせ

京都府警察本部警備第一課危機対策係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地