ここから本文です。

フタバアオイオーナーの御案内

「文化財を守り伝える京都府基金」へ御寄附いただき、伝統ある葵祭に参加しませんか?

 「文化財を守り伝える京都府基金」へ御寄附いただいた皆様に限って、本基金の応援ネットワークに参加いただいている上賀茂神社様の御厚意により、NPO法人葵プロジェクト(日本ユネスコ協会連盟の「未来遺産」に登録)を通じて、1400年余りの歴史を持つ伝統祭事「葵祭」を支えるとともに、京都の「ほんまもんの文化」に触れていただく機会を、下記のとおり提供いたします。

 この機会に、「文化財を守り伝える京都府基金」へ御寄附いただき、伝統ある葵祭に御参加ください!

1 内容

 「フタバアオイオーナー」になり、葵祭に御支援、御参加いただきます。

 葵祭で用いられる、フタバアオイは、当日の内裏宸殿(だいりしんでん)の御簾(みす)をはじめ、勅使(ちょくしや)奉仕者の装束、牛車(御所車)などの乗り物に至るまで、飾り付けられます。葵祭の名称は、このことに由来しています。ところが、近年は、自生するフタバアオイが激減し、祭事の関係者の方々は大変困っておられます。

 オーナーになっていただいた方には、下記のとおり、フタバアオイの育成に御協力いただき、そのフタバアオイを葵祭で使用することで歴史ある伝統祭事に御支援、御参加いただきます。

  1. フタバアオイの育成に御協力いただきます。(参加方法は、下記のとおり「自宅コース」と「境内コース」の2通りあります。)
  2. 葵祭では、皆様の御協力で育ったフタバアオイが世界遺産の社殿を飾り、フタバアオイを身に着けた行列が、平安の姿そのままに、都大路を進みます。
  3. その行列を上賀茂神社境内の特別桟敷から御覧いただけます。

 

2 対象

文化財を守り伝える京都府基金に御寄附いただいた方

平成26年1月27日(月曜日)から3月14日(金曜日)までに寄附金をお振込いただいた方

 

参加方法

ア「自宅コース」

フタバアオイを株分けし、1年間お世話いただきます。
(上賀茂神社にフタバアオイ株を引き取りに来ていただきます。遠方の方は御相談ください。)

イ「境内コース」

寄附者のネームプレートを付して、上賀茂神社境内でお世話します。オーナーは、あらかじめ御連絡いただければ、いつでも見学できます。
(祭事等特段の事情により、御意向に添えない場合もあります。)

 

3 定員

100名(申込者多数の場合は、抽選)

 

4 申込方法

 電話、FAX、Eメールなどで、下記の問い合わせ先まで御連絡いただきましたら、「文化財を守り伝える京都府基金」リーフレット及び寄附納付書を郵送いたします。

 リーフレット寄附申込書のメッセージ欄又は寄附納付書の通信欄に「アオイオーナー希望」の旨と参加方法(ア「自宅コース」、イ「境内コース」)を明記の上、寄附申込書の送付または寄附金の納付をしてください。

 申込者多数の場合は、抽選の上、アオイオーナーに決定された方に、詳細を郵送でお知らせします。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?