ページの先頭です。

本文へ

文字の大きさ : 大きくする | 元に戻す

文字の大きさを変更する機能は、スタイルシートが無効なため使用できません。


京都府外来生物情報
京都府トップ > 京都府の外来生物対策 > 京都府外来生物情報 > 京都府外来生物データ > ソウギョ

ソウギョCtenopharyngodon idellus

基礎データ

目科名 コイ目コイ科
原産地 中国
導入年代 1878年(国内) 近年、府下では1990年頃に放流
導入原因 当初は食用に放流、現在では除草用に放流されている。

カテゴリー

カテゴリー 要注目種
ランク Ac
外来生物法 要注意外来生物

詳細

分布範囲 [全国]全国で放流されている
[府内]2000年以降の有力な確認情報は京丹後市と京都市の湖沼、淀川三川合流付近。
(生息数の規模)少ない
選定理由 [被害対象]生態系被害、農林水産業被害
[影響内容]植生への影響、土壌・環境攪乱、希少種・固有種への影響
[性質特性]
[被害程度]被害が大きい
生態的特徴 純淡水魚。自然繁殖は流程の長い利根川水系に限られが、生育は湖沼や河川で可能。寿命は10年とされるが、条件が揃えば20年以上生きる。全長は1mを超える。草食性で、水生植物を多量に食す
見分け方 在来の同属種はいない。コイに似るが口ひげは無く、背鰭が小さく、眼が下方にある。
被害状況 大形のため、水生植物を多量に食すので、希少な水生植物や有用な水生植物への被害が甚大である。府内では繁殖はしていないが、寿命が長いために、被害は長期にわたる。
必要な防除対策 顕著な場合は捕獲する必要がある。除草目的で放流する場合は、池や堀などの閉鎖性の高い水域に限り、他へ移出しないように管理が必要である。
参考文献 京都芸術大学(2002)ソウギョバスターズ,京都芸術大学広報vol2.村上興正・鷲谷いづみ監(2002)外来種ハンドブック,日本生態学会編.

執筆者:林 博之

分布図と写真

分布図 京都府京丹後市・京都市右京区の一部・京都府八幡市
ソウギョ
(c)平松和也・細谷和海

お問い合わせ先 京都府文化環境部自然環境保全課
電話 075-414-4706 ファックス 075-414-4705 Eメール shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp
所在地 〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ページの先頭に戻る