ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > がん医療体制の充実

ここから本文です。

がん医療体制の充実

京都府では、府民の皆さんが質の高いがん医療を受けることができるように、その拠点となる医療機関として、国が指定する9か所のがん診療連携拠点病院(以下、「拠点病院」という。)、4か所の地域がん診療病院と、京都府知事が指定する5箇所の京都府がん診療連携病院(以下、連携病院という。)、2箇所の京都府がん診療推進病院(以下、推進病院という。)を整備しています。

【拠点病院・連携病院・推進病院の主な役割】

 ・専門的ながん医療の提供等

 ・地域のがん医療連携体制の構築

 ・情報提供、相談支援(※)の実施

(※)すべての拠点病院・連携病院・推進病院に、がんに関する相談を受ける窓口である「相談支援センター」が設置されています。

京都府内のがん診療連携拠点病院・連携病院・推進病院

都道府県がん診療連携拠点病院(2か所)

・京都府立医科大学附属病院

・京都大学医学部附属病院

都道府県拠点病院は、がん専門医療従事者に対する研修や、地域拠点病院・連携病院間の連携・調整を図り、府全体のがん対策に係る取組を牽引していく役割を担っています。

地域がん診療連携拠点病院(7か所)

京都・乙訓医療圏

 ・京都第二赤十字病院

 ・京都市立病院

 ・京都第一赤十字病院

 ・独立行政法人国立病院機構 京都医療センター

 ・社会福祉法人京都社会事業財団 京都桂病院

中丹医療圏

 ・市立福知山市民病院

 ・独立行政法人国立病院機構 舞鶴医療センター

地域拠点病院は、専門的ながん医療の提供等に努めながら、がん医療に関する相談支援及び情報提供並びに地域の医療機関への支援、地域連携の推進等に取り組むことが求められています。

地域がん診療病院(4か所)

山城北医療圏

 ・社会医療法人岡本病院(財団) 第二岡本総合病院

山城南医療圏

 ・京都山城総合医療センター

南丹医療圏

 ・公立南丹病院

丹後医療圏

 ・京都府立医科大学附属北部医療センター

地域がん診療病院は、がん診療連携拠点病院(決められた要件を満たした厚生労働大臣指定の病院)が無い地域(2次医療圏)に、都道府県の推薦を基に厚生労働大臣が指定した病院です。基本的に隣接する地域のがん診療連携拠点病院のグループとして指定され、拠点病院と連携しつつ、専門的ながん医療の提供、相談支援や情報提供等に取り組むことが求められています。

京都府がん診療連携病院(1か所)

山城北医療圏

 ・医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院

連携病院は、都道府県がん診療連携拠点病院・地域がん診療連携拠点病院と連携しながら専門的ながん医療の提供等に努めるとともに、がん医療に関する相談支援・情報提供、地域の医療機関への支援、所在する二次医療圏における地域連携の推進等に取り組むことが求められています。

京都府がん診療推進病院(7か所)

京都・乙訓医療圏

 ・三菱京都病院

 ・社会福祉法人恩賜財団 済生会京都府病院

 ・医療法人社団洛和会 洛和会音羽病院

 ・医療法人医仁会 武田総合病院

 ・社会保険京都病院

 ・公益社団法人京都保健会 京都民医連中央病院

中丹医療圏

 ・綾部市立病院

推進病院は、都道府県がん診療連携拠点病院・地域がん診療連携拠点病院・京都府がん診療連携病院と連携しながら専門的ながん医療の提供や地域連携の推進に努めるとともに、がん医療に関する相談支援・情報提供等に取り組むことが求められています。

各病院の診療情報はこちらをご覧ください

 

京都府がん医療戦略推進会議

京都府やがん診療連携拠点病院、京都府がん診療連携病院、関係団体で構成するがん医療水準を向上させるための方策について協議する会議です。

開催状況

第1回(平成23年8月10日) 開催結果 

第2回(平成24年8月27日) 開催結果

第3回(平成25年7月8日)  開催結果

第4回(平成26年9月3日)  開催結果

第5回(平成27年8月28日) 開催結果

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4742

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?