ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 健診は愛 京都府健診受診促進キャンペーン > 平成30年度 がん検診・特定健診従事者研修会を開催しました(2018年7月24日)

ここから本文です。

平成30年度 がん検診・特定健診従事者研修会を開催しました(2018年7月24日)

 平成30年7月24日(火曜日)に京都府国民健康保険団体連合会・京都府医療保険者協議会、京都府健康対策課の共催で、平成30年度がん検診・特定健診従事者研修会を開催しました。

 NHK「ガッテン!」にご出演されました国立がん研究センター社会と健康研究センター保健社会学研究部部長の山本精一郎氏 室長の溝田友里氏を講師としてお招きし、行政機関や国保・共済・健保組合等の医療保険者のがん検診・特定健診担当者79名の参加がありました。

 今回の研修会を通じて、がん検診と特定健診の担当者の顔の見える関係づくりのきっかけや、京都府がん検診・特定健診の受診率向上につながればと願っております。講師の先生方、参加されました皆様本当にありがとうございました。 

 最後に、研修会の概要を下記のとおり掲載しました。 出席された皆様はもちろん、関係者の方に広く共有

していただければ幸いです。また、当日御持参いただきました市町村等の個別勧奨ハガキ等のサンプルを

クリアファイルにまとめました。 貸出可能ですので、ご希望の方は健康対策課までご連絡をお願いします。

1  日時

平成30年7月24日(火曜日) 午後2時00分~4時30分

2 場所

メルパルク京都5階 京極

3 内容

開催要領(WORD:30KB) 

<講演> 

テーマ: 「エビデンスのある手法を学ぼう!個別勧奨による受診率アップのポイントとは?」

講師 : 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

部長 山本精一郎氏、 室長 溝田友里氏

   

<参考> 

国立がん研究センター ソーシャルマーケティングを活用したがん検診の普及プロジェクト(外部リンク)

NHK 「ガッテン!」 H30年9月5日放送 86万人の自宅に届く!乳がんで死なないための切り札をあなたへ(外部リンク)

<グループワーク>

テーマ: 「受診勧奨の取組について」

~受診勧奨で困っていること、工夫していること、これからやってみたいこと~

講評 : 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

部長 山本精一郎氏、 室長 溝田友里氏

受診勧奨で困っていること(事前アンケートのまとめ)

工夫していること、これからやってみたいこと(グループワークのまとめ)

グループ別(A~L)の記録

<参考>効果検証については、国立がん研究センター社会と健康研究センターが作成された

4 アンケート結果

大変高い評価をいただきました。 ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。

アンケート結果概要

5 その他

<個別勧奨通知のサンプルの貸出について>

国立がん研究センター推奨の個別勧奨通知のサンプル及び、研修会の参加者が持参されました

がん検診や特定健診の個別勧奨通知のサンプル(※)をクリアファイルにまとめました。 

貸出可能ですので、希望される方はがん対策担当(075-414-4739)へご連絡願います。

注※21市町村と9医療保険者のがん検診・特定健診個別通知のサンプルをご覧いただけます。

 

<市町村がん検診について>

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?