ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 京都府流域下水道における地震防災訓練の実施について

ここから本文です。

京都府流域下水道における地震防災訓練の実施について

報道発表日:令和2年12月24日

建設交通部水環境対策課
075-414-5200

京都府流域下水道事務所
075-954-1879

 

京都府では、大規模な地震被害の発生を想定して下水道業務継続計画(BCP)を策定しており、今年度についても、災害時における府民生活への影響を最小限に抑えるため、流域下水道の地震防災訓練を行います。
訓練では、府南部を中心に震度7の地震が発生し、浄化センター及び幹線管(かん)渠(きよ)が被災したことを想定して、府内の4流域で一斉に実施します。流域関連公共下水道の管理者である9市5町及び民間企業も参加しての訓練を予定していますが、コロナ禍での対応を考慮し、情報伝達を主眼とした内容で実施となります。

1.実施日

令和3年1月14日(木)午前9時30分から午前11時50分まで

2.実施場所

・流域下水道事務所(長岡京市勝竜寺樋ノ口1)
・洛西浄化センター(長岡京市勝竜寺樋ノ口1)
・洛南浄化センター(八幡市八幡焼木1)
・宮津湾浄化センター(宮津市字獅子10)
・木津川上流浄化センター(精華町大字下狛小字椋ノ木97)

3.内容

対策本局・支局の設置、応急活動、関係機関への情報伝達  など
※府南部を中心に震度7の地震が発生し、浄化センター及び幹線管渠が被災したことを想定。
※タイムスケジュール等はこちらをクリックしてください。

4.参加機関等

京都府水環境対策課、流域下水道事務所、洛西・洛南・宮津湾・木津川上流浄化センター、京都市、宇治市、宮津市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市、大山崎町、久御山町、井手町、精華町、与謝野町、宮津与謝消防組合、プラントメーカー、建設業(土木)協会等、参加者数約150名

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部水環境対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5470

mizukantai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?