ホーム > 府議会のあらまし > 府議会の役割と権限 > 議会の仕事

ここから本文です。

更新日:2016年4月8日

議会の仕事

議決権

条例の制定・改正・廃止、予算の決定、決算の認定、大きな契約の締結など府政の運営上重要な事項について決めます。

調査権と検査権

府の仕事が、議会で決めたとおり行われているかどうか、事務の内容を調査・検査し、必要によっては、関係人を呼んで調べたり、意見や説明を聞いたりします。

意見書提出権

府民の利益になるようなことがらについて、議会の意思を意見書としてまとめ、国をはじめとする関係行政機関に提出することができます。

請願受理審査権

請願書として府民から提出された意見や要望をよく審査し、適当なものは、府政に反映させるよう努めています。

 

このほかに、議会の議長・副議長・選挙管理委員などを選挙したり(選挙権)、副知事・教育委員・公安委員・監査委員などの府の重要な地位につく人を知事が任命する場合に同意を行ったり(同意権)する等、いろいろな権限を十分に発揮して、府議会は、府の行政が府民のため、よりよく行われるよう常に心がけ、努力しています。

お問い合わせ

京都府議会事務局総務課広報広聴係

京都市上京区下立売通新町西入

電話番号:075-414-5551

ファックス:075-441-8398